許容できれば切替OK?ahamo(アハモ)のデメリット8選!

携帯電話情報

2021年3月26日(金)からスタートするdocomoの新料金プランahamo(アハモ)ですが、皆さんの関心も高いようです。

データ通信量を20GB使用できて、月々の料金が2,970円(税込)になるのはかなり魅力的ですよね。

そこで今回は、敢えてデメリットだけに注目し、これさえ許容出来れば切り替えても良いのではないかと判断していただけるようにまとめましたのでご覧ください。

先にahamo(アハモ)のメリットをご紹介します。

今回は敢えてデメリットに注目した記事になりますが、メリットも併せてご覧ください。

・安心のdocomo回線を使用できる。

・4G/5G両方対応

・データ通信量20GB使用出来て月々2,970円(税込)

・通話料金5分以内無料

公式サイトにて2021年3月25日までに先行エントリーを行い、5月末までに開通作業を行えばdポイント3000ポイントが貰える

・1000円の利用毎にdポイント10ポイントが貰える

・テザリングも無料で使用可能

いかがでしょうか。やはり安心安全のdocomo回線が使用出来、5Gにも対応でデータ通信量も20GB、月々2,970円(税込)というのは大多数の方にとってはちょうど良いプランなのではないでしょうか。

ahamo(アハモ)のデメリットについて

さて、メリットの一覧を見ていただきましたがこれからはahamo(アハモ)のデメリットを1つ1つご紹介していきます。

店頭でのサービスが利用できない

docomoユーザーの方はスマホに関しての手続きを今まで店頭でしてきた方が多いのではないでしょうか。

ahamo(アハモ)に関しては店頭での申し込みなどは出来ず、インターネット上でご自身で手続きをして完結させる必要があります。

今までショップ店員さんに相談しながら手続きを変更してい方にとっては悩みどころですよね。

逆に格安スマホユーザーは店舗での手続きがないのが当たり前で使っていたと思いますので、この件に関してはあまり問題にはならないでしょう。

コールセンターが使えない

docomoユーザーの方は何か困った事があった際、コールセンターをよく利用されていたのではないでしょうか。

ahamo(アハモ)の場合はコールセンターでのサポートは受けられず、チャットでのサポートのみとなりますのでご注意ください。

ご自身のスマホを紛失した場合などの緊急時のみ使用出来るという情報も出ていますが、普段のサポートはチャットのみになるようです

この点も基本的にはネット上で全て完結させる必要があります。

キャリアメール(docomo.ne.jp)のメールアドレスが使用出来ない

こちらの記事でも詳しくご紹介していますが、ahamo(アハモ)に切り替えると、キャリアメール(docomo.ne.jp)のアドレスが使用出来なくなります。

今までdocomoのアドレスでやり取りをしていた方がいる場合は、無料のメールアドレス(gmailなど)を取得し、アドレス変更のお知らせが必要となるでしょう。

山間部など電波が通じづらかった場所で利用出来ていた3G回線が使用出来ない

この件はあまり多くの方にとってはデメリットとは言えないかと思いますが、ahamo(アハモ)はあくまで4Gと5Gのみ対応していて、電波が通じづらい場所で使用出来ていた3G回線が使用出来なくなるのでご注意ください。

docomoユーザーの場合、利用出来ていた家族割から外れてしまう

docomoの別料金として存在していて、あくまでサブブランドではないという割にはキャリアメールが使用出来なくなったり、家族割から外れてしまうというデメリットがあります。

その後の発表で、ahamo(アハモ)ユーザーの場合は割引が受けられないですが、家族の方が別のdocomoのプランを利用していた場合は、ahamo(アハモ )を利用している方も家族割の人数にカウントされます。

この件は家族割など今まで使用していなかった方にとってはデメリットには入らないのでしょう。

契約者は20歳以上である必要がある

20歳未満の方で契約したい場合は親御さんなど20歳以上の方の名義で契約する必要がありますのでご注意ください。

イマドコサーチなどのdocomoで使えていたサービスが引き続き使用出来るかが不明

こちらの件は情報が出揃っていない為不明ですが、docomoのオプションとして使用出来ていたイマドコサーチなどのオプション機能がahamo(アハモ)に切り替えた場合に引き続き使用出来るのかが未だ不明の状態です。

何かご自身で使用している大事なオプション機能があり引き続き使用したい場合は情報が出るまで待った方が良いでしょう。

※その後進展があり、イマドコサーチはahamo(アハモ)にした場合使用不可となることが分かりました。

本体価格とセット販売割引などが存在しない?

ahamo(アハモ)に関しては店頭での対応を行っていないという事から本体とセットで購入し安くなるといったプランは存在しない可能性があります。

ahamo(アハモ)に切り替えた後、スマホの本体を変えたいとなった場合はご自身でSIMフリーのスマホを一括で購入し入れ替えを行う必要がありそうです。

こちらの点はまだ情報が出揃っていないので不明ですが、そうなる可能性もあるという事を頭に入れておいた方が良いでしょう。

※情報が出た当初はdocomoユーザーがahamo(アハモ)に切り替える場合、2021年5月末までの場合はMNP転出手続きが必要という情報が出ておりましたが、その後不要になったと発表がありました。
こちらの記事でもご紹介しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

現時点で出ているデメリットをまとめてみました。

上記に挙げたデメリットは全然許容できるという事でしたらahamo(アハモ)に切り替えても良いのではないでしょうか。

2021年3月25日までに先行エントリーを行い、実際に開通した場合はdポイントが3000ポイント貰えますので、先行エントリーを忘れずに行ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました