povo(ポヴォ)2.0を着信専用として使用する場合の注意事項2点!

携帯電話情報

2021年9月末からサービスが開始されたpovo(ポヴォ)の新料金プランpovo(ポヴォ)2.0。

基本使用料はかからず、データ通信料のトッピングを購入するのは任意となっており、月額料金を支払わずに着信専用の番号として利用を検討している・既に利用中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

お得なように思えますが、povo(ポヴォ)2.0を着信専用として使用する場合は注意点がありますのでこれからご紹介していきます。

povo(ポヴォ)2.0を着信専用で使用する際の注意点①留守番電話に対応していない

なるべく費用をかけず(できれば0円で)着信専用番号を持ちたいとpovo2.0の契約を検討している・既に契約している方も多いと思います。

着信専用で実際に使用できますが、タイミングによって電話に出れなかった際、povo(ポヴォ)2.0は留守番電話の機能がない為、折り返しをする際費用がかかってしまいます。

通話のトッピングを購入しない場合は30秒ごとに22円(税込)の費用が発生します。

通話のトッピングは下記の料金となります。

・5分以内の通話かけ放題→月々550円(税込)
・通話時間問わずかけ放題→月々1,650円(税込)

留守電になっても折り返し連絡をしないという事であれば無料で利用できますが、折り返し連絡する事を考慮するとトッピングを購入するか通話料金無料で0円運用できる楽天モバイルの方が良いでしょう。

povo(ポヴォ)2.0を着信専用で使用する際の注意点②定期的に料金の支払いが必要となる

料金を発生させず0円運用するためにpovo(ポヴォ)2.0を着信専用として契約している方・検討している方も多いと思います。

ただし、着信専用でずっと無料で使う事はできず、定期的に料金を発生させ支払う必要があります。

回線開通後180日ごとに何かしらのトッピングの購入をするか、660円(税込)以上の費用を発生させ料金の支払いがないと契約を無効にする事があると発表されています。

着信専用番号としてしばらく持っていたらいつの間にか使えなくなっていたという事がないようにご注意ください。

着信専用として使用する場合はpovo(ポヴォ)2.0より楽天モバイルの方が良い?

いかがでしたでしょうか。

povo(ポヴォ)2.0は留守番電話サービスがないのと、定期的に料金を支払う必要がありますのでご注意ください。

毎月料金をかけずに着信専用の番号を持ちたいと考えている方は楽天モバイルだと0円運用できるのでオススメです。

データ通信量をあまり使用しなければ1GBまでの利用だと毎月無料で利用でき、RakutenLinkというアプリをインストールしていれば留守番電話も対応していて、折り返し連絡をする際もRakutenLinkから発信通話をすれば通話料は掛からずデータ通信量にもカウントされません。

今だと契約後3か月無料で5,000円~25,000円分の楽天ポイントが入り、いつ解約しても無料で解約できます。

着信専用の回線を検討している方は楽天モバイルをぜひ試しに利用してみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルの公式サイトをチェック

こちらの記事ではpovo(ポヴォ)2.0は31日ある月は注意が必要?という疑問について回答しています。

ぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました