2.0

携帯電話情報

povo(ポヴォ)2.0の通信速度は遅い?口コミをご紹介

2021年3月からサービスが開始されたauの新料金プランpovo(ポヴォ)。 2021年9月からは基本使用料がかからず自分で使いたい時にデータ通信量等のトッピングを購入するpovo(ポヴォ)2.0というプランがスタートしました。 基本使用料がかからないことから、 「au回線を使用できるけどpovoだと遅くなるのでは?」 と疑問に感じている方もいらっしゃると思います。 今回は実際に使っている方々の口コミを併せてご紹介していきます。
携帯電話情報

povo(ポヴォ)2.0とはお得なのか?これを読めば分かる完全まとめ!

2021年3月からサービスが開始されたauの新料金プランpovo(ポヴォ)ですが、9月に新しいpovo(ポヴォ)2.0という料金プランを発表しました。 話題だけど何がお得なのか分からない。 やめた方が良いのでは? と考えている方に向けてpovo(ポヴォ)2.0がなぜ話題なのか? お得な理由を総まとめしてご紹介していきます。
携帯電話情報

povo2.0を使用時、スマホ本体を購入したい場合はどうしたら良い?

基本使用料はかからず、データ通信量を自分の好きなタイミングで購入できるpovo(ポヴォ)2.0。 メイン回線としての使用はもちろん、サブ回線として使用したいと考えている方も多いのではないでしょうか。 今回はpovo(ポヴォ)2.0を使用している際、本体購入は同時にできるのか? どういう方法で本体を用意するのがお得なのかご紹介していきます。
携帯電話情報

povo(ポヴォ)2.0を着信専用として使用する場合の注意事項2点!

2021年9月末からサービスが開始されたpovo(ポヴォ)の新料金プランpovo(ポヴォ)2.0。 基本使用料はかからず、データ通信料のトッピングを購入するのは任意となっており、月額料金を支払わずに着信専用の番号として利用を検討している・既に利用中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。 お得なように思えますが、povo(ポヴォ)2.0を着信専用として使用する場合は注意点がありますのでこれからご紹介していきます。
携帯電話情報

povo(ポヴォ)2.0は2回線目以降も基本使用料なしで使用できる?

2021年9月から新料金プランを発表したpovo(ポヴォ)2.0ですが、基本使用料はかからず自分が使いたい分だけつどトッピングを購入するという今までにない新しい料金プランで話題になっています。 基本使用料がかからないという点について、複数台契約しても同様なのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回はpovo(ポヴォ)2.0は2回線目以降契約しても料金は変わらないのか? その他注意事項についてご紹介していきます。
携帯電話情報

povo(ポヴォ)2.0使用時、31日ある月は注意が必要!?

2021年9月から新たにサービスが開始されたauのpovo(ポヴォ)2.0ですが、基本使用料はかからず、自分が使いたい分だけトッピングを購入するという新しい料金プランで話題になっています。 他社のプランだと月に○○円という料金プランのため、その月が30日でも31日でも何か気にすることはないですが、povo(ポヴォ)2.0だけ31日ある月は注意が必要です。 その理由をこれから詳しくご紹介します!
携帯電話情報

povo(ポヴォ)2.0はトッピング契約なしでも利用可能?

povo(ポヴォ)は当初、データ通信量20GB使用できて月額2,728円のpovo(ポヴォ)1.0という料金プランを発表していましたが、2021年9月から自分が使いたい分だけトッピングを購入するという新しいスタイルの料金プランpovo(ポヴォ)2.0が発表されました。 契約後、トッピングの購入はしないといけないのか?どうしたら一番賢い使い方になる?という疑問にお答えしていきます。
携帯電話情報

povo(ポヴォ)2.0を賢く利用するには【660円】という金額が鍵!?

2021年9月からサービスが開始されたauの新料金プランpovo(ポヴォ)2.0ですが、基本使用料はかからず、自分が使いたい分だけデータ通信のトッピングを購入するという今までにない新しい料金プランで話題になっています。 データ通信のトッピングを購入しなくても128kbpsという低速状態ですが無料で利用できます。 サブ回線を持ちたいと考えている方にとっては0円で運用できてお得なのでは?と考える方もいらっしゃると思います。 povo(ポヴォ)2.0を一番お得に使うには【660円】という金額が鍵となっています。 その理由をこれからご紹介していきます。
携帯電話情報

povo(ポヴォ)2.0と楽天モバイルどちらが月額0円運用のサブ回線に向いてる?

サブ回線を検討している方で最近発表されたpovo(ポヴォ)2.0が気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 基本使用料はかからず、つど自分が使いたい分だけトッピング(データ通信料)を購入するという新しいプランとなっています。 あまり使わない期間はトッピングを購入しなければ維持費もかからないのでサブ回線に向いていますよね。 今回はpovo(ポヴォ)2.0と同様にサブ回線に向いている楽天モバイルとどのような違いがあるのか?どちらがサブ回線に向いているのか?という疑問に回答していきます。
携帯電話情報

povo(ポヴォ)2.0は留守番電話に対応している?

2021年9月29日からサービスが開始されたauの新料金プランpovo(ポヴォ)2.0ですが、基本使用料はかからず自分が使いたい分だけトッピングを購入するという新しい料金プランで話題になっています。 データ通信はあまり使用せず、着信専用の番号を持ちたいと考えている方にはぴったりなプランですが、留守番電話の機能があるのか気になる方もいらっしゃると思います。 今回はpovo(ポヴォ)2.0は留守番電話対応しているのか?その他の注意点についてご紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました