月額550円!irumo(イルモ)の0.5GBプランは要注意?お得に利用する方法をご紹介

当サイトでは一部アフィリエイト広告を利用しています
携帯電話情報

docomoの新料金プランirumo(イルモ)。

あまり評判はよろしくありませんが、その中で月額550円で利用できる0.5GBのプランはパッと見お得に見えますよね。

安いし通話用にお得かも!
スマホを使わない家族の携帯料金を安くできるんじゃないかな?

とお考えの方もいらっしゃると思いますが、利用する場合は要注意な点が複数あります。

あまりデータ通信を必要としない場合に、よりお得に利用する方法もご紹介しているのでぜひ最後までご覧ください。

月額550円のirumo(イルモ)0.5GBプランが要注意な3つの理由

irumo(イルモ)は2023年7月1日から提供開始されたdocomoの新料金プランで、ご覧の通り割引の条件を適用できればお得に利用できます。

irumo(イルモ)
ギガ数 0.5GB 3GB 6GB 9GB
月額料金 550円 2,167円 2,827円 3,377円
割引後
月額料金
880円 1,540円 2,090円
データ通信
超過後速度
128kbps 300kbps
データ
チャージ費用
1GB1,100円

割引の条件は、固定回線をドコモ光、またはhome5Gを利用していれば月額料金から1,100円割引。

支払い方法をdカードにしていると187円割引で利用できます。

割引の条件が適用できれば3GBが月額880円のためお得ですよね。

irumo(イルモ)の公式サイトを確認する

ほとんどデータ通信を使わない方でも割引の条件が適用できるのであれば0.5GBではなく3GBのプランを利用していただいたほうが良いです。

要注意なのが、固定回線の割引条件が当てはまらないけどデータ通信はほとんど使わないから0.5GBのプランにしようとお考えの方です。

注意事項①家族間通話について

irumo(イルモ)の0.5GBプランは確かに月額料金550円で利用できますが色々と訳ありで特に家族の方でdocomo回線を利用中、ファミリー割引の対象となっている場合は確認していただきたい内容があります。

irumo(イルモ)はもともと、家族間通話が無料になる「ファミリー割引」の人数としてはカウントされますが、irumo(イルモ)側の発信通話は有料になります。

他の家族の方が発信通話をした場合、irumo(イルモ)のユーザーも人数としてカウントされるのでファミリー割引の対象となり通話料がかかりません。

1点目の注意事項は0.5GBのプランに関してはファミリー割引の人数としてもカウントされないため、家族の方がirumo(イルモ)のユーザーに発信通話をした場合、30秒ごとに22円の費用がかかってしまいます。

あまりスマホを使わない家族の通信費を抑えるためにirumo(イルモ)にしようかな…と考えていた方は要注意です。

だったら通話無料オプションをつければ良いんじゃ…?

と考える方もいらっしゃると思います。

7月1日から提供開始されたdocomoのirumo(イルモ)、eximo(エクシモ)の通話かけ放題のオプション料金は上がっていて、5分以内の通話無料が月額880円、完全かけ放題が月額1,980円という費用がかかりますのでご注意ください。

注意事項②みんなドコモ割の人数としてカウントされなくなる

2点目の注意事項は0.5GBのプランの場合、他のirumo(イルモ)の料金プランと違いみんなドコモ割の人数としてカウントされないため、他のdocomoの料金プランを利用中の家族の方の月額料金が場合によっては上がってしまいます。

注意事項③通信速度について

3点目の注意事項は0.5GBのプランは通信速度が制限されていて、最大3Mbpsの速度、4G回線のみの利用というデータ通信に関してもdocomoの料金プランとして利用する必要があるのかな?という状態です。

ここまで0.5GBのプランを利用する際の注意点をご紹介しましたが、irumo(イルモ)には他にもデメリットがあります。

下記の記事でirumo(イルモ)のメリット、デメリットをまとめていますのでよろしければご覧ください。

irumo(イルモ)の0.5GBを利用するなら他社のプランのほうがお得

月額料金を抑えつつ、通話に関しても気にせず利用したいという方は色々な制約があるirumo(イルモ)の0.5GBのプランより他社の料金プランのほうがお得です。

ここからご紹介するプランはdocomoとは別の料金プランになるため、家族間通話が無料になるファミリー割引や、月額料金が割引になるみんなドコモ割の対象外となりますが、irumo(イルモ)の0.5GBプランよりも費用を抑えられ、通話用として利用するのにオススメです。

①日本通信 合理的シンプル290プラン

docomo回線が利用できる格安SIMの日本通信の合理的シンプル290プランであれば、高速データ通信1GBがついて月額290円という他社の格安SIMと比べてもかなりお得です。

通話料は30秒ごとに11円と大手キャリアの半額の費用で利用できます。

通話かけ放題のオプション料金については月間70分無料が700円、完全かけ放題が月額1,600円という金額で利用できます。

irumo(イルモ) 合理的シンプル290プラン
データ通信量 0.5GB 1GB
月額料金 550円 290円
通話かけ放題のオプション 5分かけ放題 880円
完全かけ放題 1,980円
月間70分通話無料 700円
完全かけ放題 1,600円
かけ放題含めた月額料金 5分かけ放題付 1,430円
完全かけ放題付 2,530円
月間70分通話無料付 990円
完全かけ放題付 1,890円
最大通信速度 3Mbps(4G通信のみ) 制限なし(5Gor4G通信)

ご覧の通り、irumo(イルモ)の0.5GBのプランと比較すると通話かけ放題込みの月額料金も抑えられ、最大通信速度の制限はなく利用できお得なのが分かるかと思います。

通話品質がdocomoと格安SIMだと違うんじゃないの?

と気になる方もいらっしゃると思いますが、日本通信の通話品質はVoLTEに対応していて本家docomoの料金プランと違いはありません。

日本通信の注意点として契約時の初期費用3,300円がかかる点です。

irumo(イルモ)を店舗で契約やプラン変更した場合、3,850円の費用がかかるので同じようなものかと思いますが…。

日本通信の公式サイトを確認する

②LINEMO(ラインモ)

続いてご紹介するのがソフトバンクのオンライン専用プランLINEMO(ラインモ)です。

オンライン専用プランは契約時の初期費用はかかりませんがウェブ上での申し込みのみ対応していて店舗での申し込みは不可。

サポートはチャットサポートのみというデメリットがある代わりに大手キャリアの料金プランではありますが格安SIM並みの料金で利用できます。

irumo(イルモ)の0.5GBプランを検討していた方にオススメなのが3GBで月額990円のミニプランです。

3GBのミニプランに新規契約、他社回線から乗り換えをした場合、どちらとも月額料金の3ヶ月分になる2,970円分のPayPayポイントがキャッシュバックされます。

付与されたPayPayポイントは毎月の支払いに充てることもできますよ。

なお、キャッシュバックされるPayPayポイントは時期によって増量されていることがあります。

公式ホームページをご確認いただくか、下記の記事でLINEMO(ラインモ)の最新キャンペーン情報をアップしているのでご覧ください。

通話かけ放題のオプションをつけた場合は7ヶ月間550円割引で利用できる特典もありオススメですよ。

もちろん通話品質はVoLTEに対応しています。

\3ヶ月実質無料!/

LINEMO(ラインモ)の公式サイトを確認する

irumo(イルモ)とLINEMO(ラインモ)どっちがお得?徹底比較!

③povo(ポヴォ)

高速データ通信は必要ない、あくまで通話だけできれば良いとお考えの方もいらっしゃると思います。

そんな方にオススメなのはau回線が使用できるオンライン専用プランのpovo(ポヴォ)です。

povo(ポヴォ)は先ほどご紹介したLINEMO(ラインモ)同様、店舗での申し込みはできず、オンライン上での申し込みのみ対応しているというデメリットがあります。

高速データ通信が必要ない方は基本使用料0円で利用でき、通話かけ放題のオプション料金は5分以内の通話無料が月額550円、完全かけ放題が月額1,650円とirumo(イルモ)よりだいぶお得に利用できます。

高速データ通信のトッピングを購入しない場合の通信速度が最大128kbpsという速度で、メール等の文字でのやり取りのみであれば問題ないですが、ウェブページの閲覧は読み込みに時間がかかりだいぶ厳しい通信速度です。

万が一高速データ通信が必要になった際は24時間データ使い放題が1回330円、7日間有効の1GBのデータ通信が390円で利用できます。

通話品質もVoLTEに対応しているので安心ですよ。

povo(ポヴォ)の公式サイトを確認する

povo(ポヴォ)のメリット、デメリットについては下記の記事でご紹介しているのでよろしければご覧ください。

月額550円で利用できるirumo(イルモ)の0.5GBプランは要注意?お得に利用する方法をご紹介 まとめ

ここまでirumo(イルモ)の0.5GBの注意点と、0.5GB(月額550円)のプランを利用するなら他社のプランのほうがオススメな理由をご紹介していきました。

月額料金だけ見るとそこまで差はないように思えますが、積み重なるとどんどん大きくなっていきます。

通信費の見直しを検討していてirumo(イルモ)の0.5GBが気になっていた方は他の料金プランも検討していただくことをオススメします。

irumo(イルモ)の公式サイトを確認する

現在docomoの旧プランの料金を利用中の方で新料金プランのeximo(エクシモ)やirumo(イルモ)にプラン変更を検討している方は下記の記事で比較しまとめているのでよろしければご覧ください。

docomoユーザーはeximo、irumoに変更した方が良い?

プロフィール
この記事を書いた人
ゆう

携帯料金プランについての情報を中心に発信しているYouTubeチャンネル聞くお得情報(チャンネル登録者7,000人)を運営中。
30代 会社員→2023年からは独立して個人事業主へ。
2018年、携帯料金プランの見直しを機にファイナンシャルプランナーの資格を取得。
今まで契約してきた携帯料金プラン・格安SIMは合計12社。

ゆうをフォローする
携帯電話情報お得情報
ゆうをフォローする
ゆうのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました