irumo(イルモ)でのギガ追加購入は要注意!その理由をご紹介

当サイトでは一部アフィリエイト広告を利用しています
携帯電話情報

docomoの料金プランirumo(イルモ)

割引を適用させた場合、お得な料金で利用できるため契約を検討している方も多いのではないでしょうか。

もともとのデータ容量が少ないし、ギガを追加購入することがあるかも…。

という方は要注意です。

その理由をこれからご紹介していきますのでぜひ最後までご覧ください。

irumo(イルモ)でギガを追加購入する場合は費用が割高!

irumo(イルモ)は最大9GBまで利用できるプランです。

高速データ通信を使い切り、ギガを追加購入しようとした場合、1GBあたり1,100円の費用がかかり割高のためご注意ください。

irumo(イルモ)の公式サイトを確認する

同じdocomoの料金プランでオンライン専用プランになりますがahamo(アハモ)の場合は1GB追加購入する場合550円とirumo(イルモ)の半額で利用できます。

irumo(イルモ)で節約、低速モード、上限設定をする方法はある?

irumo(イルモ)でギガを追加購入するかもしれない方は他の料金プランがオススメ

先ほどご紹介したようにirumo(イルモ)で高速データ通信のギガを追加購入する場合、1GBあたり1,100円の料金がかかります。

また、irumo(イルモ)では高速データ通信を使い切った後の通信速度が他の料金プランと比べると低速になっています。

irumo(イルモ) ahamo(アハモ)
5分以内通話無料付き
ギガ数 0.5GB 3GB 6GB 9GB 20GB 100GB
(大盛りオプション)
月額料金 550円 2,167円 2,827円 3,377円 2,970円 4,950円
割引後
月額料金
880円 1,540円 2,090円
データ通信
超過後速度
128kbps 300kbps 1Mbps
データチャージ費用 1GB1,100円
1GB550円

同じdocomoの料金プランahamo(アハモ)と比較するとデータ通信超過後の通信速度も違いがあります。

割引の条件が適用できれば確かにirumo(イルモ)はお得な料金プランですが、あくまであまりデータ通信を使わない方向けの料金プランです。

足りなくなったらギガを追加購入するかも…

という方は比較対象としてご紹介しているahamo(アハモ)や他社の料金プランで20GB利用できるプランをオススメします。

格安SIMではなく大手キャリアの回線を利用したい方はauのpovo(ポヴォ)やソフトバンクのLINEMO(ラインモ)がオススメです。

20GBまでの料金は双方とも3,000円未満で、高速データ通信を使い切った後のデータチャージ費用は550円とirumo(イルモ)の半額で購入できます。

特にLINEMO(ラインモ)は他社回線から乗り換えの場合10,000円分のPayPayポイントが特典としてキャッシュバックされお得ですよ。

\PayPayポイント10,000円分キャッシュバック中!/

LINEMO(ラインモ)の公式サイトを確認する

下記の記事でahamo(アハモ)、povo(ポヴォ)、LINEMO(ラインモ)についてメリット、デメリットをご紹介しているのでよろしければご覧ください。

ahamo・povo・LINEMO・楽天モバイルを徹底比較!結局どれが良い?

ahamoとirumoの違いを比較したらahamoが断然お得だった件

LINEMO(ラインモ)9のメリット6のデメリット

povo(ポヴォ)の8つのメリット、9つのデメリット

プロフィール
この記事を書いた人
ゆう

携帯料金プランについての情報を中心に発信しているYouTubeチャンネル聞くお得情報(チャンネル登録者7,000人)を運営中。
30代 会社員→2023年からは独立して個人事業主へ。
2018年、携帯料金プランの見直しを機にファイナンシャルプランナーの資格を取得。
今まで契約してきた携帯料金プラン・格安SIMは合計12社。

ゆうをフォローする
携帯電話情報
ゆうをフォローする
ゆうのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました