楽天モバイルに乗り換えるなら今がラストチャンス?その理由について

お得情報

2021年1月末に新料金プランUN-LIMIT Ⅵを発表した楽天モバイルですが利用者数も300万人を突破しますます利用する方が増えています。

「楽天モバイルは通信状況が心配でちょっと…」と思っている方も多いと思いますが、今急速に楽天モバイルの通信エリアが拡大していて電波状況も日に日に改善されています。

また、契約後1年間無料の特典が2021年4月7日の申し込みで終了してしまうことや、他社に乗り換えるときのMNP転出手数料が無料になるキャリアも増えていることから乗り換えるなら今が一番良い時期です。

詳細をご紹介しますのでぜひご覧ください。

日に日にエリアが拡大されている楽天モバイルの現状

まだ楽天モバイルを契約していない方はご自身の生活範囲に楽天モバイルの電波が入るかは確認していますか?

楽天モバイル公式サイトより
濃いピンク色のエリアが楽天モバイルの電波が入る場所で、薄いピンクのエリアはパートナー回線(au/月5GBまで)のエリアです。

以前の画像を保存していないので比較ができなくて申し訳ないのですが、以前は首都圏でも濃いピンクがまだらな状況でしたが、今年に入り首都圏エリアはほぼ濃いピンクの色になっています。

例として関東地方の画像を貼っていますが、他のエリアも濃いピンクの場所が多いです。

ぜひご自身の生活範囲内の通信状況をチェックしてみてください。

楽天モバイルの通信範囲内を確認するにはこちら

お得な料金プランのUN-LIMIT Ⅵ 契約後1年無料は4月7日まで!

楽天モバイルUN-LIMIT Ⅵの料金体系は使った分だけ料金が発生するワンプランとなっています。

通常は「自分はこれぐらい使うからこのプランで!」と自分で選ばなければならないですが、楽天モバイルの場合はその月に使用した分だけ料金がかかります。

その料金も契約後1年間は無料(2021年4月7日の契約まで)なので実際に料金が発生するのは1年後以降になります。

・0GB〜1GBまでの利用→無料

 

・1GB〜3GBまでの利用→1,078円

 

・3GB〜20GBまでの利用→2,178円

 

・20GB以上使い放題→3,278円

 

※価格は全て税込

1GBまでの利用の場合は無料なのが一番注目されています。

楽天モバイルの公式サイトをチェック

楽天モバイルを使用して通話をする場合はRakutenLinkというアプリを使用して通話を行いますが、通話の際にはデータ通信量を消費しません。

そのため通話専用にしてずっと無料で楽天モバイルを持っておくという使い方もできてしまいます。

こちらの記事でも詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

楽天モバイル以外の携帯キャリアでMNP転出手数料が続々と無料に!

今携帯キャリア各社はMNP転出手数料(携帯番号をそのままに変更する手数料)を無料にするように動いています。

ソフトバンク3/17から

ワイモバイル3/17から

NTTドコモ4/1から

au4/1から

UQ mobile4/1から

今まで約3,000円のMNP転出手数料がかかっていましたが無料で変更の手続きができるようになるのはありがたいですよね。

各社MNP転出手数料無料に併せて要チェックの楽天モバイル契約後1年間無料の期限

楽天モバイルが契約後1年間無料になるのは2021年4月7日の契約までとなっています。

店舗でも契約できますが、店舗の場合は前もって予約が必要で4/7まで予約がいっぱいな店舗も出てきているようです。

4/1以降MNP転出手数料無料になるメーカーも多いことから4/1〜4/7までの間にネット上で契約するのが1年間無料の恩恵を受けられるラストチャンスになる方も多いと思います。

楽天モバイルの公式サイトをチェック

まとめ

いかがでしたでしょうか。

楽天モバイルは日に日にエリア拡大が進んでいて、契約後1年間無料の恩恵を受けられる締め切りも残り僅かとなっています。

検討中の方はキャンペーンポイントも貰えますので早めの申し込みをオススメします。

楽天モバイルの公式サイトをチェック

楽天モバイルが気になる方はこちらの記事でもメリット・デメリット総まとめということでご紹介していますのでぜひご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました