ソフトバンクのペイトクを分かりやすくご紹介!大きな注意点あり!

当サイトでは一部PRがあります
携帯電話情報

2023年9月27日ソフトバンクから新料金プランが発表されました。

その名も「ペイトク」新しい単語の料金プランが登場しましたね。

今回はソフトバンクのペイトクプランについてなるべく分かりやすくご紹介します。

無制限で利用できるプランに大きな注意事項がありますので

ぜひ最後までご覧ください。

ソフトバンクの「ペイトク」を分かりやすくご紹介

ペイトクは2023年10月3日から提供開始されたソフトバンクの新料金プランです。

ペイトクという名前の通りPayPayを使えば使う分だけお得になり月額料金はご覧の通りです。

プラン名 ペイトク30 ペイトク50 ペイトク無制限
データ容量 30GB 50GB 無制限
月額料金 7,425円 8,525円 9,625円
割引適用後
月額料金
4,928円 6,028円 7,128円
ペイトク特典 +1% +3% +5%
ペイトク特典
月額上限
1,000円分 2,500円分 4,000円分

早速詳細をご紹介します。

プランは30GBが7,425円、50GBが8,525円、無制限が9,625円と分かれています。

格安SIMやオンライン専用プランの料金を使用している私からすると、あり得ない高い金額に思えます。

割引適用後の月額料金にするには3つ条件があります。

①「新みんな家族割」は家族で3人使用していた場合は各回線1,210円割引。(2人の場合は各回線660円割引)

②「おうち割 光セット」は自宅の固定回線をソフトバンク光、またはソフトバンクAirを使用していると1,100円割引

③支払い方法をPayPayカードにしていると「PayPayカード割」が適用され187円割引

上記の①新みんな家族割、②おうち割 光セット③PayPayカード割が全て適用できても

割引後の月額料金は30GBが4,928円、50GBが6,028円、無制限が7,128円とこれでもかなり高い印象を持ちますよね。

ここでペイトクの特徴であるPayPayで買い物をした際、

購入金額に対してそれぞれ1%、3%、5%プラスして付与される特典が適用できるとお得に利用できると謳っています。

それぞれ付与上限が決められているのでご注意ください。

プラン名 ペイトク30 ペイトク50 ペイトク無制限
データ容量 30GB 50GB 無制限
ペイトク特典 +1% +3% +5%
ペイトク特典
月額上限
1,000円分 2,500円分 4,000円分
月額料金 7,425円 8,525円 9,625円
割引適用後
月額料金
4,928円 6,028円 7,128円
ペイトク特典活用時
実質負担額
3,928円 3,528円 3,128円
ペイトク特典
月額上限に必要な
決済額(1ヶ月)
10万円 8万4千円 8万円

割引の条件を全て適用でき、最大限PayPayポイントが還元されたと仮定した場合、

30GBが3,928円、50GBが3,528円、無制限が3,128円で利用できます。

ご覧いただいている通り、最大限ペイトク分のポイントをもらうには8万円から10万円の決済が必要です。

そんなに毎月PayPayで買い物しないんだけど…。

という感想を持たれる方が多いのではないでしょうか。

こうして見ると利用するデータ通信量が増えるほど、実質負担分の料金が安くなるという不思議なプランですよね。

なお、10月3日から最短2024年2月20日までの決済期間はペイトクの特典の還元率が各3倍となります。

よって、ペイトク無制限のプランであれば一定期間、月に27,000円の買い物で最大付与ポイントの4,000円分がもらえ実質負担額が3,128円で利用できます。

とにかくPayPayを使い倒している方であればお得になるプランではあります。

ソフトバンクのメリハリ無制限+について

PayPayはそんなに使わないけどソフトバンクで無制限のプランを利用したいんだけど…

という方もいらっしゃると思います。

現在提供されているメリハリ無制限は2023年10月3日から、

「メリハリ無制限+」という名称に変わり料金プランはご覧の通りです。

プラン名 メリハリ無制限+
データ容量 無制限 2GB以下の場合
月額料金 7,425円 5,775円
割引適用後
月額料金
4,928円 3,278円

割引を適用させる条件はペイトクと全く同じで、

①「新みんな家族割」は家族で3人使用していた場合は各回線1,210円割引。(2人の場合は各回線660円割引)

②「おうち割 光セット」は自宅の固定回線をソフトバンク光、またはソフトバンクAirを使用していると1,100円割引。

③支払い方法をPayPayカードにしていると「PayPayカード割」が適用され187円割引。

以前のメリハリ無制限と比べて変わったところは、

新たに支払い方法をPayPayカードにしていると割引されるという条件が加わったのと、

2GB以下の利用だと自動的に1,650円割引になる点が変更点です。

あまりデータ通信量を使わない方や20GB前後利用する方は同じソフトバンクのLINEMO(ラインモ)が断然お得です。

LINEでのデータ通信はカウントフリーで使い放題、5分以内の通話かけ放題が7ヶ月間無料で利用できるなど、メリットが多くあります。

店舗での申し込みはできず、オンラインでの申し込みのみ対応しているというデメリットはありますが、

今の携帯料金を見直したいとお考えだった方はLINEMO(ラインモ)の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

LINEMO(ラインモ)の公式サイトを確認する

ソフトバンク・ワイモバイルからLINEMO(ラインモ)に変更する際の6つの注意点

ソフトバンクのペイトク、メリハリ無制限+の大きな注意点

データ通信無制限で利用しようとお考えで「ペイトク無制限」や「メリハリ無制限」の利用を検討している方に気を付けて見ていただきたい点があります。

先ほどご紹介したペイトク無制限とメリハリ無制限プラス同様、

無制限という名称ながらも1ヶ月間に使用したデータ通信量が200GBを超えた場合、

4.5Mbpsの速度に低下するという注意書きが新たに加わっています。

時間帯によって速度を制御する場合があります。

スマートフォン(スマホ)などのデータ量とテザリングのデータ量の合計が、

1カ月(請求月)で合計200GBを超えた場合、請求月末までご利用時の通信速度を通常利用に影響のない範囲(送受信時最大4.5Mbps)で制限します。

データシェアで利用できるデータ容量は50GB/月です。

データシェアが50GB/月を超えた場合、

請求月末まで通信速度を送受信時最大300kbpsに低速化します。

なお、「テザリングオプション」は追加料なく利用することができます。

引用元:ソフトバンク公式サイトプレスリリースより

テザリング、データシェアについてはもともと30GBまでが上限のように設定されていましたが、

50GBを超えた場合は速度低下するという内容でこちらは以前より若干改良されています。

無制限で利用できると謳っておきながら合計200GBを超えた場合は速度制限がかかってしまうのはとても残念ですよね。

スマホのデータ通信だけで200GBを超える方はなかなか居ないかと思いますが、

無制限ということで契約している場合は月のデータ通信量のことなんか気にせず利用したい方が多いと思います。

皆さんはソフトバンクの新料金プランである「ペイトク」についてどのような感想を持たれましたでしょうか?

ぜひコメント欄に記載していただけると幸いです。

テザリングの制限がある点も考えると、真に無制限で利用できるプランはdocomoのeximo(エクシモ)か楽天モバイルの2つのプランとなります。

無制限でお得に利用したいという方は月額3,278円で速度制限はなく使い放題、

テザリングの使用制限もない楽天モバイルが断然オススメですよ。

\今なら6,000円〜24,000円分の楽天ポイントがもらえる!/

楽天モバイルの公式サイトを確認する

楽天モバイル最強プランのデメリット、メリットを完全解説!

プロフィール
この記事を書いた人
ゆう

携帯料金プランについての情報を中心に発信しているYouTubeチャンネル聞くお得情報(チャンネル登録者9,000人)を運営中。
30代 会社員→2023年からは独立して個人事業主へ。
2018年、携帯料金プランの見直しを機にファイナンシャルプランナーの資格を取得。
今まで契約してきた携帯料金プラン・格安SIMは合計12社。

ゆうをフォローする
携帯電話情報
ゆうをフォローする
ゆうのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました