ahamo(アハモ)はキャリアメール(docomo.ne.jp)に対応していないので注意!

携帯電話情報

今話題になっているdocomoの新料金プランahamo(アハモ)ですが、デメリットの一つにキャリアメールが使えないのはご存知でしょうか。

今の時代LINEなどのSNSでやり取りをするので困らないといった方も多いと思いますが、LINEを使っていないお年寄りや、色々なサイトでログイン時のアドレスとしてdocomo.ne.jpのキャリアメールを使用していた方は困りますよね。

それ以外にもいくつか注意点がありますのでご紹介します!

ahamo(アハモ)が何故こんなにも話題になっているのか

ahamo(アハモ)はdocomoのサブブランドではなく、新料金として登場し、安定したdocomo回線を使用でき、尚且つ4G/5G対応で1ヶ月のデータ通信量20GBまで使えて2,970円(税込)と大変お得なサービスとなっていますよね。

ソフトバンクもSoftBankonLineというahamo(アハモ)に対抗して同じような料金プランを打ち出していましたが、LINEMO(ラインモ)という正式名称に代わり料金プランも新しくなりました。

LINEMO(ラインモ)についてはこちらの記事でもご紹介していますので気になる方は是非ご覧ください。

ahamo(アハモ)のデメリットについて

ahamo(アハモ)はキャリアメール(docomo.ne.jp)のアドレスが使えなくなります。

それ以外にもいくつかデメリットがあるのでご紹介します。

・店舗でのサポートは一切なく、ネットで自分で手続きが必要

・山間部など電波が届きづらい場所で使えていた3Gが未対応

・20歳以上でないと手続きが出来ない(未成年の方は親の名義での手続きが必要)

・現docomoユーザーで家族割に入っていた場合は家族割から抜ける事になる

・20GB使い切らなかった場合に翌月に余った分は繰り越せない

どんな人がahamo(アハモ)に契約すべきか

デメリットでも紹介した店舗での対応が出来ないという点は今まで手続きを全てdocomoの店頭で行っていた人には不安ですよね。

また、使っているスマホに何かあった場合は自分で修理屋さんに行って修理する必要も出てきます。

ahamo(アハモ)は今挙げた全てのデメリットを問題ないと判断できる方でしたら充分魅力的なサービスかと思います。

docomo.ne.jpのキャリアメールが使えなくなったとしても今はGmailやyahooなど無料で使えるメールアドレスも存在しますので、キャリアメールが使えない代わりに今まで無料のメールアドレスを使っていなかった方はahamo(アハモ)に切り替える際に作成するのが良いでしょう。

ahamoに少しでも魅力を感じている方は先行エントリーを忘れずに

いかがでしたでしょうか。キャリアメールが使えなくなるというデメリットは人によっては大きいと思いますが、それを上回る魅力がahamo(アハモ)にはあると思います。

今ahamo(アハモ)は2021年3月スタートに向けて公式サイトで先行エントリーを受付中です。

先行エントリー後、2021年5月31日までに開通作業をすればdポイント3000ポイントが貰えますので気になっている方は先行エントリーをしてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事ではahamo(アハモ)に先行エントリー後キャンセルしても問題ないのか記事にしています。併せてご覧いただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました