povo(ポヴォ)2.0は2回線目以降も基本使用料なしで使用できる?

携帯電話情報

2021年9月から新料金プランを発表したpovo(ポヴォ)2.0ですが、基本使用料はかからず自分が使いたい分だけつどトッピングを購入するという今までにない新しい料金プランで話題になっています。

基本使用料がかからないという点について、複数台契約しても同様なのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はpovo(ポヴォ)2.0は2回線目以降契約しても料金は変わらないのか?

その他注意事項についてご紹介していきます。

povo(ポヴォ)2.0は2回線目以降も基本使用料はかからないが注意が必要

povo(ポヴォ)2.0は基本使用料がかからず、自分が使いたい分だけつどトッピングを購入するという料金プランです。

2回線目以降も基本使用料はかからないという点に変わりはありません。

トッピングを購入しない場合しばらくの間は無料で利用可能ですが、データ通信の速度は128kbpsという超低速状態で利用することになります。

povo(ポヴォ)2.0契約時、1回線目は手数料はかかりませんが、2回線目以降の取り扱いについては下記をご覧ください。

povo(ポヴォ)公式サイトより

当面の間、複数回線契約しても手数料は発生しないと明記されています。

ただし【当面の間】がいつまでを指しているのか不明なので、2回線目のpovo(ポヴォ)を契約したいと考えている方はいつ3,300円の請求がされるか不明なのでご注意ください。

0円でもう一つ携帯番号を持ちたいと考えている方は毎月1GBまでは無料で利用できる楽天モバイルも検討してみてはいかがでしょうか。

\今なら5,000円〜35,000円分の楽天ポイントがもらえる!/

楽天モバイルの公式サイトをチェック

こちらの記事で詳しくご紹介しています。

povo(ポヴォ)2.0を2回線目契約する場合は注意が必要な点が!

povo(ポヴォ)2.0は開通後180日間ごとにトッピングの購入か660円分の料金を発生させて支払わないと利用が停止されると発表されています。

そのため、1回線目、2回線目共に定期的にトッピングを購入するか料金を発生させることが必要です。

povo(ポヴォ)2.0はずっと無料で持つことはできませんが、サブ回線を持ちたいと考えている方は賢く利用すれば費用を抑えながら保持することができます。

サブ回線を持ちたいと考えている方は1GBまでは無料で利用できる楽天モバイルもオススメです。

楽天モバイルについて、1回線目は1GBまでの利用は無料になりますが、2回線目以降契約する場合は利用していなくても月額1,078円の費用を支払う必要があります。

\今なら5,000円〜35,000円分の楽天ポイントがもらえる!/

楽天モバイルの公式サイトをチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました