docomoの料金プランirumo(イルモ)【5つの罠】OCNモバイルONEとの違いは?

当サイトでは一部アフィリエイト広告を利用しています
携帯電話情報

2023年6月20日、NTTドコモでは7月1日から料金改定をすると発表、7月1日からOCNモバイルONEの運営元がdocomoになり、OCNモバイルONEに似た料金のirumo(イルモ)が提供開始されました。

今回はOCNモバイルONEとirumo(イルモ)の料金プランの違い、docomoの料金プランと言っても違いが色々とあり、ある意味irumo(イルモ)は「罠がある」料金プランとなっているので詳しくご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

irumo(イルモ)の料金プランについて・OCNモバイルONEとの違いは?

OCNモバイルONEはdocomo回線が使用できる格安SIMで通信品質の良さにも定評がありましたが、残念ながら2023年6月26日をもって新規受付を終了しています。

今OCNモバイルONEの料金プランを契約中の方はそのまま使い続けることができるのでご安心ください。

運営元がdocomoに変わり、OCNモバイルONEの料金プランを踏襲したirumo(イルモ)という料金プランが7月から受付開始されます。

料金プランの違いを見ていきましょう。

OCNモバイルONE irumo(イルモ)
データ通信量 月額料金 データ通信量 月額料金 割引適用後月額料金
500MB
(1ヶ月10分間通話無料)
550円 500MB 550円
1GB 770円
3GB 990円 3GB 2,167円 880円
6GB 1,320円 6GB 2,827円 1,540円
10GB 1,760円 9GB 3,377円 2,090円

OCNモバイルONEは格安SIM、irumo(イルモ)はdocomoの料金プランということでやはり金額は高くなってしまいます。

割引適用後月額料金について、ドコモ光セット割もしくはhome5Gセット割が適用になると月額料金から1,100円割引、dカードお支払い割が適用になると187円割引となり、適用するとまぁまぁお得な価格になります。

irumo(イルモ)の公式サイトはこちら

docomoの新料金irumo(イルモ)の5つの罠

ここからはOCNモバイルONEと同じと思っていたら違ってしまう、docomoの料金プランのはずがなぜか適用されないなど、irumo(イルモ)の5つの罠をご紹介します。

irumo(イルモ)の罠①500MB・月額550円の料金プランについて

OCNモバイルONEでも提供されていた500MBで月額550円の料金プランはそのまま存在しているように見えますが、月間10分通話無料がなくなっているのと、通信速度が最大3Mbps、データ通信を使い切ったあとは128Kbpsの速度に低下してしまいます。

同じような料金プランに見えて、内容は改悪されてしまっている、これが1つ目の罠です。

irumo(イルモ)の罠②通話かけ放題について

500MBの料金プランは電話がメインと謳っていますが、発信通話をした際の通話料は30秒ごとに22円の費用がかかります。

5分以内の通話無料オプションは880円、完全かけ放題のオプション料金は1,980円とdocomoの料金プランになるということで仕方ないかもしれませんがお高めな金額となっています。

これが2つ目の罠です。OCNモバイルONEと同じようなプランに見えて全然違ってしまっています。

irumo(イルモ)の罠③キャリアメールを使う場合は有料となる

docomoの料金プランになったとはいえ、キャリアメールを引き続き使う場合は持ち運びサービスを使って有料となり、月額330円の費用がかかります。

都合が良いところはdocomoのプランだから高め、逆にキャリアメール等docomoなら無料で引き続き使えるものが有料となっているのはなんだかおかしな話ですね。

これが3つ目の罠です。

まだまだあります。

irumo(イルモ)の罠④店頭でのサポートが有料になる

docomoの料金プランなので当然、ショップでの契約、サポートが受けられると思いますよね。

irumo(イルモ)を契約してdocomoショップで操作案内を受ける際、一部を除き1,100円〜2,200円の費用がかかると発表されています。

事務手数料も7月から改定されてショップで新規契約した場合は3,850円の費用がかかり、その他操作に関する案内でつど1,100円〜2,200円の料金がかかってしまいます。その内容が、

初期設定、データ移行のサポート料が1回2,200円。

アプリ設定サポートが1回1,650円。

フィルム貼付サポート等が1回1,100円。

店舗でサポートを受けられるのが良くてdocomoの料金プランを契約する方にとっては費用がかさんでしまいます。これが4つ目の罠です。

irumo(イルモ)の事務手数料は有料?気をつけたい注意点

irumo(イルモ)の罠⑤docomoの料金プランで利用できるサービスが一部利用不可

docomoの料金プランを利用中の方で7月以降irumo(イルモ)にプラン変更をした場合、spモードコンテンツ決済サービスが利用できなくなってしまいます。

プラン変更前に決済方法をd払いに変更すればコンテンツによっては引き続き利用できる場合もありますが、これもdocomoの料金プランであれば引き続き使えるようになっていれば良いはずができないのは何故でしょう…。

他にもドコモ電話帳なども利用できません。

これが5つ目の罠です。

docomoの料金プランのはずが罠がたくさんあるirumo(イルモ)

irumo(イルモ)はahamo(アハモ)のようにオンライン専用プランではありませんが、全てにおいて「中途半端」な印象があるのは私だけでしょうか。

OCNモバイルONEはスマホ本体もお得に購入でき、通信品質の良さにも定評がありdocomoショップでも契約が可能、低容量ユーザーにとってはお得な料金プランでしたので終了してしまうのは残念ですよね。

その代わりに誕生したirumo(イルモ)

公式ホームページではOCNモバイルONEでも採用されていた石原さとみさんが引き続きイメージキャラクターをつとめています。

ホームページを見るとahamo(アハモ)感たっぷりのデザイン。

オンライン専用プランでもなければ、OCNモバイルONEのようにエコノミーMVNOでもない。

けどdocomoの料金プランとも立場が違う?

なんとも言えない印象です。

皆さんはdocomoの新料金プランirumoについてどのような感想をお持ちでしょうか。

ぜひコメント欄に記載していただけると幸いです。

irumo(イルモ)の公式サイトはこちら

docomoの料金プランは今、irumo(イルモ)、eximo(エクシモ)、ahamo(アハモ)と3つのプランから選択できるようになっています。

店頭でのサポートが不要という方であれば20GB利用できて5分以内の通話無料がついて月額2,970円のahamo(アハモ)が断然お得です。

ahamo(アハモ)の公式サイトをチェック

また、低容量利用したいという方はauのpovo(ポヴォ)やソフトバンクのLINEMO(ラインモ)が3GBで月額990円で利用できてオススメですよ。

特にLINEMO(ラインモ)は3GBのミニプランに新規契約、他社回線から乗り換えをした場合、どちらとも月額料金の3ヶ月分になる2,970円分のPayPayポイントがキャッシュバックされ、

20GBのスマホプランに新規契約をした場合は3,000円分、他社回線から乗り換えをした場合は10,000円分キャッシュバックされてお得です。

付与されたPayPayポイントは毎月の支払いに充てることもできますよ。

なお、キャッシュバックされるPayPayポイントは時期によって増量されていることがあります。

公式ホームページをご確認いただくか、下記の記事でLINEMO(ラインモ)の最新キャンペーン情報をアップしているのでご覧ください。

\3ヶ月実質無料!/

LINEMO(ラインモ)の公式サイトを確認する

現在docomo(ドコモ)の別の料金プランを利用中で、新料金プランのeximo(エクシモ)、irumo(イルモ)にプラン変更した方が良いか迷われている方は下記の記事で比較しご紹介していますのでよろしければご覧ください。

docomoユーザーはeximo(エクシモ)、irumo(イルモ)にプラン変更した方が良い?

コメント

  1. exbb1020m より:

    OCNユーザーですがドコモ光などのサービスで割引となっておりますが
    OCNではOCN光加入者はモバイルの基本料から200円割引なので
    同じ3GBでネット割引でしたら110円の値上げになります!

タイトルとURLをコピーしました