docomoのirumo(イルモ)と併用がオススメの料金プラン5選

当サイトでは一部PRがあります
携帯電話情報

docomoの料金プランirumo(イルモ)

固定回線とのセット割が適用できないと割高な印象がありますが、

その中でも0.5GBのプランは割引の条件がなく月額550円で利用できてお得です。

今回はirumo(イルモ)の月額550円と他社のプランを併用してお得に利用する方法、理由について解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

docomoのirumo(イルモ)を併用利用するのがオススメな理由

docomoのirumo(イルモ)は0.5GBから9GBのプランまで選択できます。

irumo(イルモ)
ギガ数 0.5GB 3GB 6GB 9GB
月額料金 550円 2,167円 2,827円 3,377円
割引後
月額料金
880円 1,540円 2,090円
データ通信
超過後速度
128kbps 300kbps
データチャージ費用 1GB1,100円

0.5GBだと容量が少なく、最大通信速度3Mbpsという注意点がありますが、

あまりデータ通信を使わない方にとってはコストを抑えられて魅力的ですよね。

ただ、0.5GBのプランだといざ高速データ通信が必要な時には心許ないデータ量です。

なお、高速データ通信が必要になった際、

データチャージの費用が1GBごとに1,100円かかるため注意が必要です。

そこでirumo(イルモ)の0.5GBのプランと他社のプランを併用利用することにより、

毎月かかる携帯料金を抑えられ、他にもさまざまなメリットがありオススメです。

なぜirumo(イルモ)の0.5GBのプランが他社と併用するとお得なのか、オススメな点をまずご紹介します。

・docomo回線と別回線の併用で通信障害発生時のリスク対策になる。

・本家docomoの料金プランで月額550円という格安なプラン。

・irumo(イルモ)は公式ホームページ上での申し込みは手数料が無料。

irumo(イルモ)の0.5GBのプランではなく

1GB月額290円で利用できる日本通信の合理的シンプル290プランのほうが安いんじゃ…

とお考えの方もいると思いますが合理的シンプル290プランの場合、

格安SIMの料金プランであることと、初期費用が3,300円かかり、

13ヶ月以上利用しないとirumo(イルモ)の0.5GBプランの総支払い額を下回らない結果となります。

irumo(イルモ)はセット割が適用できないと割高な印象がありますが、

0.5GBのプランを使いつつ他社のプランと併用することで、

通信障害発生時のリスク対策になる点、

高速データ通信が必要になった時に他社のプランをスポット的に使えるためオススメです。

\月額550円で利用可能!/

irumo(イルモ)の公式サイトを確認する

docomoのirumo(イルモ)と併用がオススメの料金プラン5選

ここからは併用する際のオススメのプランをご紹介します。

併用プラン 月額料金 特徴・オススメな点
irumoLINEMO

(docomo+ソフトバンク)

550円+990円〜 LINEMOの3GBのプランは

3ヶ月間実質無料で利用可能

irumopovo

(docomo+au)

550円+α〜 povoは必要な時だけ

高速データ通信を購入できる

irumomineo

(docomo+au orソフトバンク)

550円+990円〜 速度制限付きで使い放題

動画視聴も問題なし

irumoIIJmio

(docomo+au)

550円+850円 スマホ本体を110円〜

購入可能

irumo楽天モバイル

(docomo+楽天モバイル)

550円+1,078円 RakutenLinkの利用で

通話かけ放題

docomoのirumo(イルモ)とLINEMO(ラインモ)の併用

1つ目にご紹介するのはirumo(イルモ)LINEMO(ラインモ)の併用です。

LINEMO(ラインモ)はソフトバンク回線が利用でき、契約時の初期費用は無料、

3GBのミニプラン月額990円と20GBのスマホプラン月額2,728円の2つのプランから選択できます。

オススメは3GBのミニプランです。

LINEMO(ラインモ)は契約時の特典が豪華で3ヶ月間は実質無料で利用できます。

3GBのミニプランに新規契約、他社回線から乗り換えをした場合、どちらとも月額料金の3ヶ月分になる2,970円分のPayPayポイントがキャッシュバックされます。

付与されたPayPayポイントは毎月の支払いに充てることもできますよ。

なお、キャッシュバックされるPayPayポイントは時期によって増量されていることがあります。

公式ホームページをご確認いただくか、下記の記事でLINEMO(ラインモ)の最新キャンペーン情報をアップしているのでご覧ください。

\3ヶ月実質無料!/

LINEMO(ラインモ)の公式サイトを確認する

docomoのirumo(イルモ)とpovo(ポヴォ)の併用

2つ目にご紹介するのはirumo(イルモ)povo(ポヴォ)の併用です。

irumo(イルモ)はdocomo回線が使用でき0.5GBで月額550円。

povo(ポヴォ)はau回線が使用でき、契約時の費用はかからず毎月の基本使用料もかかりません。

高速データ通信が必要な時はつどデータ通信のトッピングを購入し利用します。

普段はirumo(イルモ)の0.5GBのプランを使い、データ通信を使い切ってしまった際や遠出をして高速データ通信がある程度必要な時は、

povo(ポヴォ)の場合スポットで高速データ通信を購入できるためオススメです。

データ通信のトッピング料金はご覧の通りです。

データ通信量 有効期限 金額
使い放題 24時間 330円
1GB 7日間 390円
3GB 30日間 990円
20GB 30日間 2,700円
60GB 90日間 6,490円
150GB 180日間 12,980円

普段あまりデータ通信を使わない方で急に必要になった際は、24時間データ使い放題のトッピングが330円で利用できるためオススメですよ。

povo(ポヴォ)の公式サイトを確認する

povo(ポヴォ)についての詳しいメリット、デメリットは下記の記事でご紹介しています。

docomoのirumo(イルモ)とmineo(マイネオ)のマイそくの併用

3つ目にご紹介するのはirumo(イルモ)mineo(マイネオ)のマイそくの併用です。

mineo(マイネオ)はdocomo、au、ソフトバンクの3社から回線を選択できるため、

docomo以外の回線を選択することで通信障害発生時のリスク対策になります。

mineo(マイネオ)のマイそくは速度制限付きでデータ通信使い放題で利用できるプランで、

プラン名 通信速度 月額料金
スーパーライト 32kbps 250円
ライト 300kbps 660円
スタンダード 1.5Mbps 990円
プレミアム 3Mbps 2,200円

この中だと1.5Mbpsの通信速度で月額990円で利用できるスタンダードのプランがオススメです。

1.5Mbpsの通信速度は高画質ではない動画視聴は問題なく利用でき、

私はパソコンと繋ぎテザリングも問題なく利用できています。

大量のデータのダウンロードには向いていませんが、あまり費用をかけずに利用したい方にはオススメのプランです。

マイそくは

・平日昼の12時から13時は32kbpsの超低速状態になる

・3日で10GB以上使用した場合は翌日の通信速度が低下する

という点がデメリットです。

そこでdocomo回線のirumo(イルモ)があることにより、平日の昼にデータ通信が必要な時はirumo(イルモ)を使い、

普段はマイそくを利用することによりデメリットはなく月額1,540円で使い放題

通信障害発生時のリスク対策にもなりオススメですよ。

mineo(マイネオ)は契約時の初期費用として3,300円かかりますが、契約者からの紹介経由の場合は初期費用を無料にすることができます。

下記のリンク経由で申し込みいただくと初期費用が無料になるためご活用ください。

mineoの初期費用が無料になる紹介用URLはこちら

 

docomoのirumo(イルモ)とIIJmioの併用

4つ目にご紹介するのはirumo(イルモ)の0.5GBとIIJmioの併用です。

IIJmioはdocomoまたはau回線が使用できる格安SIMで

docomoのirumo(イルモ)と併用利用する場合はau回線が使用できるSIMがオススメです。

データ通信量 月額料金
2GB(2.4GB) 850円(550円)
5GB(6GB) 990円(690円)
10GB(12GB) 1,500円(1,200円)
15GB(18GB) 1,800円(1,500円)
20GB(24GB) 2,000円(1,700円)

※()内は2024年1月17日までのキャンペーン適用時のデータ通信量・月額料金

料金プランはご覧の通りで2024年1月17日までに申し込むと3ヶ月間データ量が増量され、

月額料金も割引されています。

通常の料金は2GBのプランが850円、5GBのプランが990円です。

もう少し費用を抑えられるデータ専用SIMもありますが、

その場合はdocomo回線のみしか選べないのでご注意ください。

IIJmioは他社回線から乗り換えの場合スマホ本体が110円から購入でき、

余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことも可能です。

詳しい機種のラインナップ等は公式サイトにてご確認ください。

IIJmioの公式サイトを確認する

デメリットとして先ほどまでご紹介していたプランと違い、

IIJmioは契約時の初期費用として3,300円かかります。

docomoのirumo(イルモ)と楽天モバイルの併用

5つ目にご紹介するのはirumo(イルモ)楽天モバイルの併用です。

irumo(イルモ)はdocomo回線、楽天モバイルは自社回線もしくはau回線が利用できます。

データ通信量 月額料金
〜3GBまで 1,078円
3GB〜20GBまで 2,178円
20GB以上使い放題 3,278円

楽天モバイルは毎月使用するデータ通信量によって料金が変わり3GBまでの利用だと月額1,078円。初期費用は無料で利用です。

また、通話機能を重視している方は通話専用アプリの

RakutenLinkを利用することにより通話料無料でかけ放題で使えます。

楽天モバイルというと建物内など繋がりづらいというイメージがあると思います。

楽天モバイルが通じないエリアにいる時はirumo(イルモ)の回線を利用することにより、

費用を抑えつつ利用できる組み合わせになります。

楽天モバイルの公式サイトを確認する

docomoのirumo(イルモ)と併用がオススメの料金プラン5選 まとめ

ここまで通信費を抑えつつ、なおかつ通信障害発生時のリスク対策になるオススメの併用プランをご紹介していきました。

併用プラン 月額料金 特徴・オススメな点
irumoLINEMO

(docomo+ソフトバンク)

550円+990円〜 LINEMOの3GBのプランは

1年間実質無料で利用可能

irumopovo

(docomo+au)

550円+α〜 povoは必要な時だけ

高速データ通信を購入できる

irumomineo

(docomo+au orソフトバンク)

550円+990円〜 速度制限付きで使い放題

動画視聴も問題なし

irumoIIJmio

(docomo+au)

550円+850円 スマホ本体を110円〜

購入可能

irumo楽天モバイル

(docomo+楽天モバイル)

550円+1,078円 RakutenLinkの利用で

通話かけ放題

それぞれお得なプランには間違いありませんのでぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

\3ヶ月実質無料!/

LINEMO(ラインモ)の公式サイトを確認する

povo(ポヴォ)の公式サイトを確認する

mineoの初期費用が無料になる紹介用URLはこちら

IIJmioの公式サイトを確認する

楽天モバイルの公式サイトを確認する

\月額550円で利用可能!/

irumo(イルモ)の公式サイトを確認する

プロフィール
この記事を書いた人
ゆう

携帯料金プランについての情報を中心に発信しているYouTubeチャンネル聞くお得情報(チャンネル登録者9,000人)を運営中。
30代 会社員→2023年からは独立して個人事業主へ。
2018年、携帯料金プランの見直しを機にファイナンシャルプランナーの資格を取得。
今まで契約してきた携帯料金プラン・格安SIMは合計12社。

ゆうをフォローする
携帯電話情報お得情報
ゆうをフォローする
ゆうのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました