20GBで月額2,480円KDDI(au)の新料金povo(ポヴォ)を他社と比較!

携帯電話情報

ようやくau(KDDI)から新料金が発表されましたね。

2021年3月から利用開始予定のpovo(ポヴォ)という名称で、データ通信20GB使用でき、月額2,480円と大変お得なプランになっていて、docomoのahamo(アハモ)よりも低価格になっています。

ただしいくつか注意点がありますのでご紹介していきます。

povo(ポヴォ)の特徴について

povoはシンガポールに本社を置く、オンライン型携帯電話事業に実績を有するCircles Asiaと協業し、インターネット上で手続きを完結させる事を理由にお得なプランを紹介出来るようになっているようです。

こちらの点は他のahamo(アハモ)やLINEMO(ラインモ)と同様に店舗での手続きではなくネット上で手続きを行う必要があるとの事です。

他社のプランにはないpovo(ポヴォ)のメリットについて

・データ通信量20GBで月々2,480円(税別)

・1日200円を支払えば、その日24時間中はデータ通信量使い放題になる

・オンラインでのシンプルな手続きを実現(esimにも対応予定)

1日200円を支払えばデータ通信量が使い放題になるというサービスは新しいですよね!

その人の使い方に併せて付け加える事が出来るようです。

他社のプランと比較するとデメリットと思われる点

・4G/5G共に対応予定だが、5Gが利用できるのは今年の夏からの予定

・通話料金は20円/30秒 ただし、500円のオプション料金を支払えば5分以内の通話は無料になる。

通話料金について、LINE等の無料で話せるアプリしか使用しないという方にとってはpovo(ポヴォ)が一番お得なのではないでしょうか。

他社プランと同様にデメリットになる点

・店頭での受付は行っていない

・キャリアメール(au.com/ezweb.ne.jp)には対応していない

上記の点をデメリットと捉えるかは人によって様々かと思いますが、今回大手3社が発表した新料金プランどれも上記の点が同様にありますので注意してください。

povoを選択した方が良いケース

さて、メリットデメリットとご紹介していきましたが、今のところ出ている情報で他社のプランと比較してpovo(ポヴォ)を選択した方が良いケースについてご紹介していきます。

・通話はLINE等のアプリで済ませる事がほとんどで、通常の通話は使わない方

・日によって使用するデータ通信量の差が激しく、20GBの使用量だと不安な方

・5Gを直ぐに使いたいとは思っていない方

上記に挙げたケースに該当する方であればpovo(ポヴォ)は充分魅力的なプランだと思います。

もし、ahamo(アハモ)との検討に迷っている方はこちらの記事も併せてご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)やdocomoのahamo(アハモ)と比べるとKDDI(au)のpovo(ポヴォ)は個人の使い方に合わせた使いやすいプランを打ち出してきている点がメリットとして挙げられます。

どのメーカーも3月からスタート予定との事でじっくり検討してみてください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました