povo(ポヴォ)の先行エントリーはキャンセルしても大丈夫?

携帯電話情報

3月23日にサービスが開始されるauの新料金プランpovo(ポヴォ)ですが、データ通信量20GB利用でき、月々2,728円(税込)の価格のため先行エントリーを行っている方も多いのではないでしょうか。

ただ、先行エントリーをしている方の中でもdocomoのahamo(アハモ)やソフトバンクのLINEMO(ラインモ)と比較してどこにするかまだ迷われている方や、元々のauのプランのままでいこうかな?と悩んでいる方もいらっしゃると思います。

そこで今回はpovo(ポヴォ)の先行エントリーはキャンセルしても問題ないのか?キャンセル方法があるのかをご紹介します。

povo(ポヴォ)の先行エントリーをするメリットについて

povo(ポヴォ)の先行エントリーのメリットはサービスが開始される3月23日の前日3月22日までにエントリーを済ませて、5月31日までにpovo(ポヴォ)の契約を済ませれば3,000円分のauPAY残高が貰えるというメリットがあります。

他社のahamo(アハモ)や、LINEMO(ラインモ)についても同様のキャンペーンを行っております。

 

povo(ポヴォ)の先行エントリーをキャンセルしたい場合

もともと先行エントリー(事前エントリー)は、申し込みではなくキャンペーンを貰うために行うものであり、そのまま契約しなくても何も問題ありません。

povo(ポヴォ)公式サイトより

公式サイトに先行エントリー後契約しなければならなかったり、キャンセルしたい場合にキャンセルの手続きなど必要ないことが明記されておりますのでご安心ください。

判明したpovo(ポヴォ)の詳細について

povo(ポヴォ)は他社の格安プランにはない、1日200円を支払えばデータ通信量が使い放題になるトッピングがあることが特徴です。

先日発表された情報の中でテザリングは手続きなしで無料で利用できると判明しました。

1日データ通信量使い放題+テザリングの組み合わせで外出先で色々とできることが多くなりますよね。

こちらの記事ではその他povo(ポヴォ)の詳細についてご紹介しています。

ぜひご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

povo(ポヴォ)の先行エントリー後は契約しないといけないという縛りはなく、また、キャンセルする手続きも不要でキャンペーン期間終了の6月1日を迎えると自然消滅しますのでご安心ください。

迷われている方は5月31日まで猶予がありますので、実際に使っている方の感想を待ったり、他社と比較してじっくり決めていただくと良いでしょう。

こちらの記事ではpovo(ポヴォ)と楽天モバイルの組み合わせが話題になっている理由をまとめております。

ぜひご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました