【2022年4月最新・iPhone1円〜】スマホ本体購入と同時に契約するならどこの料金プランがお得?

携帯電話情報

皆さんはスマホ本体を購入したいと考えた時、どのように購入していますか?

最近はiPhone SE 3が発売と同時に1円で購入できると話題になっていますよね。

1円で購入できたとしても店頭で購入し同時に高い料金プランを契約しなくてはならなかったり、自分の物にはならずレンタルだったり、長蛇の列に並ばなければいけないということもありちょっと手を出しづらいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は料金プランもお得な上、ネット上でスマホ本体を格安な価格で購入できる料金プランをご紹介していきますのでぜひご覧ください。

スマホ本体購入と同時に契約するならどこの料金プランがお得?①OCNモバイルONE

OCNモバイルONEはnttコミュニケーションズが提供している格安SIMサービスで、docomo回線がお得な料金プランで利用できます。

料金プランは低容量で使用する方にピッタリです。

・500MBコース 550円

・1GBコース 770円

・3GBコース 990円

・6GBコース 1,320円

・10GBコース 1,760円

価格は全て税込です。

OCNモバイルONEでは2022年3月30日11時までスマホ本体価格が割引になるセールを実施しています。

こちらのセールは定期的に行われているので、3月30日が過ぎた後でも行われている可能性が高いので公式ホームページをチェックしてみてくださいね。


※画像はOCNモバイルONE公式ホームページより

既に品切れの商品もありますが、これから再入荷される可能性もあります。

また、他社からの乗り換えの場合は提示価格よりもさらに13,000円割引されますのでお得ですよ。

\iPhoneが1円〜購入可!/

OCNモバイルONEの公式サイトで機種のラインナップをチェック

OCNモバイルONEのメリットは?

スマホ本体はお得な価格で購入できるOCNモバイルONEですが、その他どんなメリットがあるか気になる方もいらっしゃると思いますのでご紹介していきます。

・毎月使用したデータ通信量について、余った分は翌月に繰り越しができる。

・格安SIMの中では昼間や夕方でも通信速度が安定していて高速通信が可能。

・MUSICカウントフリーというオプションがあり、無料で申し込みができ、Amazonmusic、AWA等サブスク型音楽配信サービスを使用する際は使用したデータ通信にカウントされず使い放題で使用できる。

・追加料金(音声+データ通信SIMの場合は月額572円)を支払えば複数端末でデータ通信をシェアできる。

・通話に関しては専用アプリを使用しなくても30秒ごとに11円の費用で使用できる(他社の場合は30秒ごとに22円のところが多い。)

OCNモバイルONEのデメリットは?

ここからはOCNモバイルONEのデメリットをご紹介していきます。

・最大でも10GBまでのプランしか存在しないため、大容量使用したい方には不向き。

・契約時に初期費用3,300円を別途支払う必要がある。

・バッテリー消費が他社と比較すると早い。

バッテリー消費が早い件ですが、OCNモバイルONEでインターネットを接続する際、グローバルIPアドレスに接続して使用しています。

他社の場合はプライベートIPアドレスで接続をしていますが、グローバルIPアドレスの方がネット通信を頻繁に行うため、バッテリー消費が早いのではないかと推測されています。

OCNモバイルONE側が上記の問題点について認めた訳ではないですが、2022年3月末から他社と同様にプライベートIPアドレスに接続する手法に変更すると発表しているため、今後はこの問題は解消される可能性があります。

\iPhoneが1円〜購入可!/

OCNモバイルONEの公式サイトをチェック

スマホ本体購入と同時に契約するならどこの料金プランがお得?②IIJmio

IIJmioはdocomo、au、ソフトバンク回線が使用できる格安SIMサービスです。

2022年4月から値下げを行うことで話題になっています。

データ通信の料金プランは下記の通りです。

3月31日までの料金 → 4月1日以降の料金

2ギガプラン 858円 → 850円

・4ギガプラン 1,078円 → 990円

・8ギガプラン 1,518円 → 1,500円

・15ギガプラン 1,848円 → 1,800円

・20ギガプラン 2,068円 → 2,000円

※価格は全て税込です。


※画像はIIJmio公式サイトより

上記のように他社からの乗り換えの場合、お得な料金でスマホ本体購入&料金プランの契約ができます。

セール期間が2022年3月31日までとなっているのでご注意ください。

機種もまだまだありますので一度公式サイトをチェックしていただくことをオススメします。

\今ならスマホ本体が110円!/

IIJmio公式サイトで機種のラインナップをチェック

IIJmioのメリットは?

ここからはIIJmioのメリットをご紹介していきます。

・2022年3月末までに契約すると、12ヶ月間データ通信が+1GB追加で使用できる。

・同じく2022年3月末までに契約すると初期費用の3,300円が1,650円と割引になる。

・余ったデータ通信量は翌月に繰り越しが可能。

・あまりデータ通信量を使わない方、そこそこデータ通信量を使う方、さまざまな使い方に合った料金プランが用意されている。

・みおふぉんダイアルという通話専用アプリを使用すれば30秒ごとに11円の費用で通話が可能。

IIJmioのデメリットは?

続いてIIJmioのデメリットをご紹介していきます。

・スマホ本体と同時購入・契約をする際は他社からの乗り換えでないと割引の恩恵があまり受けられない(新規契約の場合あまりお得な価格で購入できない。)

・昼の12時〜13時の通信速度が遅いという口コミが多々ある。

・店舗でのサポートを受けられない。

スマホ本体購入と同時に契約するならどこの料金プランがお得?③楽天モバイル

楽天モバイルは毎月使用したデータ通信量によって料金が変わり、1GB未満に抑えれば0円で利用できます。

料金プランは下記の通りです。

・0GB〜1GBまでの利用→0円

・1GB〜3GBまでの利用→1,078円

・3GB〜20GBまでの利用→2,178円

・20GB以上使い放題→3,278円

※価格は全て税込です。

楽天モバイルも本体価格をお得に購入&契約できます。


※画像は楽天モバイル公式サイトより

上記のように最初から割引になっているのではなく、後日割引分が楽天ポイントとして還元されるという点がありますのでご注意ください。

\今なら5,000円〜35,000円分の楽天ポイントがもらえる!/

楽天モバイルの公式サイトで機種のラインナップをチェック

楽天モバイルのメリットは?

ここからは楽天モバイルのメリットをご紹介していきます。

・毎月使用したデータ通信量によって料金が変わり、1GB未満に抑えれば0円で利用できる。

・RakutenLinkという通話専用アプリを使用すれば通話料金はかからず、使用したデータ通信量にもカウントされないため、通話用として無料で使用するという使い方ができる。

・楽天モバイルに契約中の場合、楽天市場での買い物の際、購入金額に対して+1%分ポイント還元される。

・毎月の支払いに楽天ポイントが使用でき、通常ポイントだけでなく期間限定ポイントも使用できる。

・契約時の特典として5,000円〜35,000円分の楽天ポイントがもらえる。

楽天モバイルのデメリットは?

続いて楽天モバイルのデメリットをご紹介していきます。

・大手3大キャリアと比較すると通信範囲内が限られていて、楽天モバイルの通信範囲外の場合はパートナー回線(au)を使用することになり、毎月高速通信が可能なデータ通信量が5GBまでとなってしまう。

・プラチナバンドという周波数帯が割り当てられていないため、建物内だと繋がりづらいという口コミが多々ある。

楽天モバイルの利用を検討している方は事前にご自身の生活範囲内が楽天モバイルの電波が入る場所かどうか確認していただくことをオススメします。

楽天モバイルの通信範囲内を確認するにはこちら

スマホ本体購入と同時に契約するならどこの料金プランがお得?まとめ

OCNモバイルONEIIJmio楽天モバイルとご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した3社は2022年3月現在、他社と比較してもお得に本体の購入と料金プランの契約ができます。

それぞれメリット、デメリットがありますが、今回ご紹介した内容が少しでも参考になれば幸いです。

\iPhoneが1円〜購入可!/

OCNモバイルONEの公式サイトで機種のラインナップをチェック

\今ならスマホ本体が110円!/

IIJmio公式サイトで機種のラインナップをチェック

\今なら5,000円〜35,000円分の楽天ポイントがもらえる!/

楽天モバイルの公式サイトで機種のラインナップをチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました