楽天モバイルは最悪?検索結果にネガティブワードが並ぶ訳

携帯電話情報

楽天モバイルに切り替えを検討している方で実際のレビューなどを調べる為にネットで検索する事があると思いますが、検索結果の候補に【楽天モバイル 最悪】など候補で出るのを見かけませんか?

なぜ最悪などネガティブなワードが検索結果の候補に出てくるのか、実際に使用している私から考えられる事をご紹介したいと思います。

楽天モバイルは通信範囲を急ピッチで拡大している状況

楽天モバイルのCMやHPには4G/5G使い放題で2,980円、最初の1年間は無料と謳われていますよね。

私は2020年9月に楽天モバイルに切り替えて今のところ無料なのでありがたく使わせてもらっていますが、ネガティブなワードが検索結果に出てくるのは思い当たる節があります。
それは電波状況です。

日に日に楽天モバイルの通信エリアは拡大はしていますが、未だ主要都市以外は楽天モバイルの電波が入らない地域もあります。

色々な思いで検索をしている人がいると思いますが、最悪と思っている方は生活圏内に楽天モバイルの通信エリア範囲外なのではないかと思います。

公式サイトにて楽天モバイルの通信できる地域が公表されていますので、切り替える事を検討している方は事前に必ず確認した方が良いです。

楽天モバイルの通信エリア範囲内でもパートナー回線の通信が・・・

私は楽天モバイルの電波が入る通信エリア内で生活をしています。ただそれでも楽天モバイルの電波が入らない事があるようで、知らず知らずのうちにパートナー回線の5GBを月中で使い果たしています。

(楽天モバイルは、楽天モバイルの通信範囲内であれば使い放題ですが、楽天モバイルの通信範囲外の場合はauの回線を使用し、月に5GBまでなら無料で使え、使い切った場合は1Mbpsの速度に切り替わります。)

楽天モバイルの通信エリア範囲内でも通じづらい現状、改善余地はあるのか

使い放題を期待して楽天モバイルに切り替えた方に取っては、楽天モバイルの通信エリア範囲内なのに電波が通じずパートナー回線を使用しているという現状に疑問を持ったり、最悪などネガティブな気持ちになる方もいるのかもしれません。

今楽天モバイルは急ピッチで電波が通じるように回線工事に取り組んでいるのと、3大キャリア(docomo、au、SoftBank)が独占しているプラチナバンドという建物内でも電波が通りやすくなる通信を分け与えて貰えないか政府に依頼をしている状況です。

もし、状況が改善されれば純粋に楽天モバイルの電波のみで4G/5G回線が使用でき、使い放題なのを実感できると思います。

今の状況で楽天モバイルをお勧めできる人はどんな人?

さて、2021年1月現在の状況では楽天モバイルの電波が楽天モバイルの通信エリア内でも使えないケースが多々ある事はご理解いただけたかと思います。

もし今検討している方で、移動中も動画などを大量に見てギガを大量に使う方でしたら正直今の状況だとお勧めできないです。

逆に、移動中などWi-Fiが使えない時はSNSやニュースなどを見れれば良いという方であれば1年間無料で使えるという大きな利点がありますのでお勧めです。

私も家にいる時以外はそこまでスマホで動画を見たりはしないので、月中でパートナー回線分の5GBを使い切っても問題なく使用できています。

楽天モバイルの情報を公式サイトでチェック

ネガティブなワードが検索結果に出るけど決して最悪ではない!

いかがでしたでしょうか。楽天モバイルを検索した時に最悪などネガティブなワードが一緒に出てきてしまう原因はご理解いただけたかと思います。

もしあなたが使い放題についてそこまで拘っていない方でしたら、1年間無料な上に楽天ポイントも貰えるので切り替えてみるか、サブでもう1台使用する為に楽天モバイルにするのも良いかと思います。

【※注意 楽天モバイルの契約後1年間無料特典を受けられるのは2021年4月7日の申し込みまでと発表されましたこちらの記事で詳しくご紹介しています。】

公式サイトで楽天モバイルの情報をチェック

こちらの記事ではahamoなどに比べて楽天モバイルがお勧めな理由をより詳しくご紹介していますので是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました