楽天モバイルの10分(標準)通話かけ放題のオプションは必要?お得な使い方は?

携帯電話情報

楽天モバイルでは「10分(標準)通話かけ放題」というオプションが存在しているのをご存知でしょうか?

月額1,100円(税込)でオプションが付けられますが、

「果たしてこのオプションはつける必要があるの?」

と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

今回は楽天モバイルユーザーの私が実際に使用しているのか、どんな人だとお得に利用できるのかという疑問に回答していきます。

楽天モバイルの10分(標準)通話かけ放題とはどんなオプション?

楽天モバイルの10分(標準)通話かけ放題というオプションはその名の通り、10分以内の通話はかけ放題で利用できるというサービスです。

また、SMSの送信も無料で利用できます。

「楽天モバイルはRakutenLinkのアプリを利用すれば通話もSMS送信も無料なのでは?」

と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

まさにその通りでRakutenLinkのアプリを利用すれば10分以上の通話もかけ放題(無料)で利用できます。

10分(標準)通話かけ放題はRakutenLinkを利用せず、スマホに搭載されている標準の通話、SMS送信のアプリを利用しても無料となります。

オプションに入っていない場合、RakutenLinkを利用せずスマホに搭載されている標準のアプリから通話やSMS送信をした場合、そのつど料金がかかってしまいます。

楽天モバイルを利用する際、10分(標準)通話かけ放題はどんな人に必要?

10分(標準)通話かけ放題というオプションがどのようなサービスか上記でお伝えしましたが、

「一体どんな人に必要なのだろう?」

と疑問に思ったかと思います。

私は楽天モバイルをメイン回線として利用していますが、10分(標準)通話かけ放題のオプションは付けていません。

付けなくてもRakutenLinkで全て賄えますし、通話の音質が悪く聞き取れないということもありません。

10分(標準)通話かけ放題のオプションはSMSの送信も無料で利用できます。

Android端末を利用していればRautenLinkのアプリでSMSの送信ができますが、iPhoneの場合は受信側もRakutenLinkを利用していない場合SMSの送信ができず、スマホ搭載のアプリから送信する必要があります。

スマホ搭載のアプリから送信する場合は1通あたり文字数にもよりますが3円ほど費用がかかります。

そのためiPhoneを利用している方で1ヶ月間にSMSの送信を400通以上行うことがあるという方にとってはお得なサービスと言えるでしょう。
(なかなかいらっしゃらないと思いますが…笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

楽天モバイルの10分(標準)通話かけ放題はほとんどの方にとって必要ではないオプションと言えるでしょう。

楽天モバイルは2022年2月4日に通信エリアが人口カバー率96%を達成したと発表しました。

たとえ楽天モバイルの通信エリア外であってもパートナー回線(au)が使用でき、毎月5GBまでは高速通信が可能です。

上記のこともあり、あえてRakutenLinkのアプリを利用せず、スマホ搭載の標準アプリを使用する必要はないです。

今なら5,000円〜30,000円分の楽天ポイントがもらえる!

楽天モバイルの公式サイトをチェック

こちらの記事では人口カバー率96%を達成した楽天モバイルについて、メイン回線で使用できるの?という疑問について回答しています。

ぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました