楽天モバイル契約時に貰える楽天ポイントは何に使用したらお得?

お得情報

楽天モバイルは2021年4月7日までに契約すると1年間無料で利用できる上、SIM契約だけでも5,000円分の楽天ポイントが貰え、SIM契約+本体も購入すると最大25,000円分のポイントが貰えます。

ドコモのahamo(アハモ)やauのpovo(ポヴォ)、ソフトバンクのLINEMO(ラインモ)も契約時の特典としてポイントが貰えますが、その中でも楽天モバイルのキャンペーンは破格のポイント数になっています。

今回は楽天モバイルの契約時に貰えるポイントをどう使うのが一番お得なのかご紹介していきます。



楽天モバイル契約時に貰えるポイントは期間限定ポイントなので注意!

楽天モバイル契約時に貰えるポイントですが、付与されてから半年間有効の期間限定ポイントになります。

楽天のポイントは通常ポイントと期間限定ポイントとあり、通常ポイントであれば1年間の有効期限はありますが、その間に1ポイントでも新たにGETすれば有効期限がまた1年延びるため実質半永久的に使えるのですが、期間限定ポイントは使わないと消滅してしまうので注意が必要です。

楽天モバイルの公式サイトをチェック

楽天モバイル契約時の特典ポイントを貰うにはどうしたら良い?

Twitterを見ているとポイントが貰えなかったという呟きを目にすることがありますが、手順通りしっかり行っていればポイントは貰えますのでご安心ください。

・RakutenLinkのアプリをダウンロードし、SMSを一回送信する

・RakutenLinkのアプリから10秒以上発信通話をする

契約後に上記の操作を行い、行った後の翌々月末にポイントが付与されます。
こちらは私が実際に楽天モバイルに契約した際に付与されたポイントです。
今とキャンペーン内容が違うためポイント数が違いますが、上記の操作をすればしっかり貰えるのでご安心ください。
楽天モバイルのポイントを貰う方法はこちらの記事でも詳しくご紹介していますので気になる方はぜひご覧ください。

楽天モバイル契約時に貰える半年間限定の期間限定ポイントをどう使えば一番お得か?

私が一番オススメする期間限定ポイントの使用方法は楽天Payをダウンロードし、普段の買い物の際に使用していた分を楽天ポイントで支払う方法です。

期間限定ポイントを楽天Payを使用しながら消費すると10ポイント消費するごとに1ポイントの通常ポイントが貰えます。

最近は病院で処方箋をもらって薬を受け取るときの支払いもバーコード決済が利用できるのでオススメです。

普段は現金で支払っている買い物を楽天ポイントで支払うようにすればその分現金が浮くのでお得ですよね。

 

街中であまり使用しないという方は楽天市場でふるさと納税の支払いに使用するのはいかがでしょうか。

ふるさと納税は支払った費用の総額−2,000円で計算して残った金額は翌年の住民税から差し引くことができます。

何も使うことがないと悩んでいる方はふるさと納税で使用するのもオススメですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

半年間しか利用できない期間限定ポイントですが、機種も同時に購入した場合最大25,000円分のポイントが貰えるため、使うのに困ると思っていた方は参考にしていただければ幸いです。

こちらの記事ではふるさと納税の時に使用できるワンストップ特例制度について詳しくご紹介しています。

ぜひご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました