LINEMO(ラインモ)のミニプランはデータ繰り越しできる?

携帯電話情報

2021年3月からサービスが開始されたソフトバンクのLINEMO(ラインモ)ですが、サービス開始当初は月に20GB使用できるスマホプランのみ発表されていました。

現在はスマホプラン以外にミニプラン(3GB/990円・税込)が新たなプランとして選択できるようになったのはご存知でしょうか?

ミニプランを利用する場合、月に使用できるデータ通信料が3GBと少なくてちょっと不安…と感じる方もいらっしゃると思います。

余ったデータ通信料を繰り越せれば理想的に思えますが、果たして繰り越せるのか?その他の注意点についてこれからご紹介していきます。

LINEMO(ラインモ)のミニプランは余ったデータ通信料の繰り越しはできない

残念ながらLINEMO(ラインモ)のミニプランは余ったデータ通信料を翌月に繰り越すことはできません。

スマホプラン(20GB/2,728円・税込)も同様にデータの繰り越しはできないのでご注意ください。

他社のahamo(アハモ)やpovo(ポヴォ)も余ったデータ通信料の繰り越しには対応していません。

ymobileUQモバイルであればデータ繰り越しに対応していますが、LINEMO(ラインモ)のミニプラン(3GB/990円・税込)のように低価格ではないのでご注意ください。

詳しくはこちらの記事でそれぞれの料金プランをランキング形式でご紹介しています。

ぜひご覧ください。

LINEMO(ラインモ)のミニプランの注意事項

データの繰り越しはできませんが、毎月のデータ通信料3GB使用でき、月々990円(税込)でソフトバンク回線を利用できるLINEMO(ラインモ)のミニプランは大変お得なプランと言えるでしょう。

あまりデータ通信料を使わない方や、サブ回線としての契約を検討している方にとってはピッタリなプランではないでしょうか。

LINEMO(ラインモ)のミニプランは1つ注意点があり、月のデータ通信料3GB超過後は300kbpsの低速状態となり、1GB毎に550円(税込)の追加費用を支払えば高速通信が可能となります。

対してLINEMO(ラインモ)のスマホプラン(20GB/2,728円・税込)は20GB超過後、1Mbpsという比較的使いやすい速度で利用できます。

スマホプラン・ミニプラン両方ともLINEで使用するデータ通信料は使い放題となり、使用したデータ通信料としてカウントされないのでご安心ください。

5GB~10GB使う場合もあるという方は最初はスマホプランで契約して、毎月のデータ使用量を確認してミニプランでも問題なさそうであれば切り替えて頂くのが良いでしょう。

今なら3,000円〜10,000円分のpaypayボーナスが貰える!

LINEMO(ラインモ)の公式サイトをチェック

また、SMS送信時はミニプラン・スマホプラン同様に費用が発生します。(受信時は無料)

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

LINEMO(ラインモ)のミニプラン・スマホプラン同様にデータ通信料の繰り越しはできません。

他社のプランでは繰り越しできるプランも存在しますが、LINEMO(ラインモ)の価格よりも高くなってしまうのでご注意ください。

ご自身が毎月どれぐらいデータ通信料を利用するのか、サブ回線として利用するのか用途によってミニプラン・スマホプランどちらが合っているか判断すると良いでしょう。

プラン選択後、やっぱりもう片方のプランの方が良かったとなった場合は容易にプラン変更ができますのでご安心ください。

今なら3,000円〜10,000円分のpaypayボーナスが貰える!

LINEMO(ラインモ)の公式サイトをチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました