【2022年5月最新】完全かけ放題で一番コスパが良い料金プランはどこ?TOP7をご紹介

携帯電話情報

楽天モバイルの料金プランが変更になり、2022年7月〜(実際には9月〜)月額0円運用ができなくなります。

RakutenLinkで通話かけ放題、月額0円で利用していたんだけど困るなぁ…

とお困りで他社の料金プランで通話かけ放題が利用できる良いプランはないかな?とお探し中の方も多いと思います。

今回は完全かけ放題のオプションがあり、月額料金をなるべくかけずに利用できる料金プランはどこなのかランキング形式でご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

完全かけ放題ができ、コスパが良い料金プランはどこ?トップ7をご紹介

今回はあくまでかけ放題で利用できる料金プランをお探し中の方、楽天モバイルが有料になるため他社の料金プランをお探し中の方に向けて、データ通信は最低限、なるべく費用をかけずにかけ放題で利用できる料金プランをご紹介していきます。

また、5分以内通話無料オプションではなく、完全かけ放題で利用できコスパが良い料金プランをご紹介しています。

ランクインしている料金プランはいずれも月額2,000円より下回っています。

キャンペーンが適用されてお得な料金で利用できるところもありますのでそのつどご紹介していきますね。

完全かけ放題ができるお得な料金プラン 第7位 OCNモバイルONE

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが提供している格安SIMサービスでdocomo回線が使用できます。

毎月のデータ通信量が最低で500MBコース、550円の料金で利用可能です。

完全かけ放題のオプションは1,430円で利用可能で月額合計1,980円となります。

また、留守番電話機能についてはオプションでつけることができます。(月額330円)

なお、契約時の初期費用として3,300円がかかりますのでご注意ください。

現在は行われておりませんが定期的にスマホ本体が割引になるキャンペーンが行われているので、スマホ本体の購入もしたい方はキャンペーン期間中に契約していただくことをオススメします。

OCNモバイルONEの公式サイトをチェック

完全かけ放題ができるお得な料金プラン 第6位 日本通信 合理的シンプル290プラン

日本通信が提供している合理的シンプル290プランが第6位にランクインしました。

日本通信はdocomo回線が使用できる格安SIMでデータ通信量最低1GB〜利用可能です。

データ通信量の月額290円+完全かけ放題のオプションが1,600円で利用可能なため月額合計1,890円の料金になります。

留守番電話機能について、オプションでつけることができます。(月額330円)

なお、契約時の初期費用として3,300円がかかりますのでご注意ください。

合理的シンプル290プラン契約時にスターターパックを購入した方が初期費用を抑えられてお得?

という疑問については下記の記事でご紹介しています。

完全かけ放題ができるお得な料金プラン 第5位 IIJmio

IIJmioはdocomo回線とau回線から選択できる格安SIMの料金プランです。

音声+データ通信SIMの最低料金は2GBのプランで月額850円で利用可能です。

完全かけ放題のオプションは月額1,400円で利用可能です。

IIJmioでは毎月キャンペーンが行われていてかけ放題の料金が13ヶ月間410円引きで利用できます。

よってデータ通信の月額850円+完全かけ放題月額990円(13ヶ月間)で月額合計1,840円で利用可能です。

留守番電話機能は有料となっていて月額330円の料金がかかります。

注意点は格安SIMの料金プランのため初期費用として3,300円がかかるのと、かけ放題で利用できますがスマホの標準通話アプリではなく「みおふぉんダイアル」というアプリを利用する必要があります。

IIJmioの公式サイトをチェック

完全かけ放題ができるお得な料金プラン 第4位 HISモバイル 自由自在290プラン

2022年5月19日からスタートしたHISモバイルの新料金プラン「自由自在290プラン」が第4位にランクインしました。

データ通信量を100MB未満に抑えれば月額290円で利用でき、完全かけ放題のオプションは月額1,480円で利用可能です。

月額合計1,770円ということで非常にコスパが良いですよね。

留守番電話の機能は月額385円の料金を支払えば使用可能です。

なお、契約時に初期費用3,300円がかかりますのでご注意ください。

HISモバイルの公式サイトはこちら

完全かけ放題ができるお得な料金プラン 第3位 povo(ポヴォ)2.0

povo(ポヴォ)2.0はauの料金プランで基本使用料はかからずに利用できます。

通話専用でかけ放題で使用する場合は完全かけ放題のオプション料金月額1,650円で利用可能です。

注意点として留守番電話機能がオプションとしても存在せず利用できないのでご注意ください。

4位までにご紹介していた格安SIMの料金プランと違い、契約時の初期費用、SIM発行手数料等は一切かからずに申し込みが可能なのもオススメな点です。

完全かけ放題ができるお得な料金プラン 第2位 LINEMO(ラインモ)

LINEMO(ラインモ)はソフトバンクの料金プランでLINEでのデータ通信は使用したデータ通信量にカウントされず使い放題なのがメリットとして挙げられます。

データ通信量3GB使用できるミニプランが月額990円、完全かけ放題が1,650円で利用可能です。

ここで、

さっきまで紹介してたのより高いじゃん!

と思った方もいらっしゃると思います。

実は今回ご紹介したLINEMO(ラインモ)のミニプランは契約後6ヶ月分の月額料金990円がPayPayポイントしてキャッシュバックされます。

また、通話かけ放題のオプションに加入した場合は1年間550円割引で利用可能です。

半年間の期間限定と考えれば実質かかる料金は月額1,100円になります。

キャッシュバックが無くなってからは2,090円、1年後のかけ放題の割引が無くなった後は2,640円の月額料金になるのでご注意ください。

また、povo(ポヴォ)2.0と同様に契約時の初期費用、SIM発行手数料がかかりませんが留守番電話機能がオプションとして存在しません。

LINEMO(ラインモ)のミニプラン、半年間のキャッシュバックキャンペーンが行われているうちに利用してみていただくことをオススメします!

LINEMO(ラインモ)の公式サイトをチェック

完全かけ放題ができるお得な料金プラン 第1位 楽天モバイル

第1位が楽天モバイルと聞いて、

は?なんで?

と疑問に思われるかと思います。

実際には完全かけ放題で利用できコスパが一番良いのは料金プランが変わっても楽天モバイルになります。

現在はまだ0円で利用できますが、2022年9月からは最低3GBまでの利用で月額1,078円で通話専用アプリRakutenLinkを利用することが条件になりますが完全かけ放題で留守番電話機能も使用できます。

RakutenLinkの使い勝手や音質は抜きにして今までご紹介した料金プランと比較しても最安です。

契約時の初期費用、SIM発行手数料はかからずに利用できます。

楽天モバイルの公式サイトをチェック

完全かけ放題ができるお得な料金プランについて まとめ

ここまでご覧いただきいかがでしたでしょうか。

楽天モバイルの料金プランが改悪されたため他社に乗り換えようと考えていた方は、料金プランが変わっても結局楽天モバイルが一番お得に利用できるので、本当に変更した方が良いか今一度ご検討いただければと思います。

今回ご紹介した内容は2022年5月27日現在の情報で、今後楽天モバイルユーザーを引き込むために他社がもっとお得な料金プランを打ち出す可能性もあります。

その場合は当ブログでご紹介していきますので引き続きご覧いただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました