ahamo(アハモ)のかけ放題プランについて、他社のかけ放題とも料金を比較!

携帯電話情報

2021年3月26日(金)からスタートするdocomoの新料金プランahamo(アハモ)について、先行エントリーの件数も増えていて皆さん気になっているようですね。

元々ahamo(アハモ)は国内通話5分以内無料と発表がありますが、かけ放題プランはあるのか、また、他社と比較すると料金はどうなるのか調べてみました

オプション料金を支払えばかけ放題にする事は可能

ahamo(アハモ)でかけ放題にしたい場合は月額1,000円(税抜)の金額を支払えば国内の通話料金はかからなくなります。

元々の金額2,700円+1,000円=3,700円

税込にすると4,070円になりますね!

他社の同じような料金プランでかけ放題にすると金額がどうなのかも調べてみました。

ソフトバンクから発表されているLINEMO(ラインモ)のかけ放題について

実はSoftbankonLINEのサービスは、データ通信量20GB使用出来て、月額2,980円(税抜)とahamo(アハモ)と全く同じ料金体系でしたが、2021年2月18日、正式名称をLINEMO(ラインモ)という名称にし、月額2,480円となりました。

こちらの記事で詳しくご紹介しています。

かけ放題については1,500円(税抜)のオプション料金を支払えば同様に国内通話の料金はかからなくなります。

よって、オプションを付けた場合の税込料金は月額4,378円とahamo(アハモ)よりも割高になります。

KDDI(au)から発表されているpovo(ポヴォ)のかけ放題について

povoは5分以内の通話料金無料というサービスを付けない場合、データ通信量20GB使用できて2,480円(税抜)の金額で、他社と比較すると通話料金を切り離したサービスになっています。

5分以内の通話料金無料を付けると500円(税抜)のオプション費用がかかり、5分以上の通話料金も無料にするかけ放題のオプションを付けると1,500円(税抜)の金額がかかります。

よって、かけ放題のオプションを付けた場合の料金はやLINEMO(ラインモ)と全く同じ金額の税込4,378円となります。

楽天モバイルのかけ放題について

楽天モバイルは通常の通話だと通話料金が発生してしまいますが、Rakuten LINKというアプリを使用すれば通話料金は一切かかりません。

私も今楽天モバイルを使用していますが、Rakuten LINKのアプリ自体が通常の通話の仕方と全く一緒なので困る事はないです。

どんなにデータ通信量を使用しても金額は契約後1年間無料後は3,278円(税込)で通話かけ放題に出来ます。

また、データ通信量を全く使わず0GB〜1GBまでの範囲に抑えれば無料でかけ放題にできてしまいます!

楽天モバイルのRakutenLinkのアプリで電話をかけた際はデータ通信量にカウントされないので、デュアルSIM対応のスマホを持っている方は楽天モバイルと別のプランを組み合わせて電話専用として使用することもできますよね。

今楽天モバイルに契約すると、RakutenHandというスマホが実質無料で貰えて、更にポイントも多く貰えるのをご存知でしょうか?こちらの記事で詳しくご紹介しています。

楽天モバイルの公式サイトをチェック

かけ放題にする場合の注意点について

かけ放題は国内通話について通話料金無料となっていますが、一部例外の電話番号があります。

0570から始まるナビダイヤルや、テレビ番組の最後の方にプレゼントの応募の連絡先として載っている0180から始まる番号はかけ放題のプランに入っていても有料となってしまうのでご注意ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今はLINEなどのSNSアプリで通話は無料なのであまり通話料金を気にしない方もいるかもしれませんが、固定電話に電話を良くかける方でしたらかけ放題のプランがあった方が良いですよね。

どこの会社のプランにするかまだ決めかねている方はこちらの記事でもそれぞれのプランの違いをご紹介していますのでよろしければ参考にしてみてください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました