菊花賞馬のソングオブウインドが行方不明?今いる場所は?

競馬

ソングオブウインドという馬をご存知でしょうか。

エルコンドルパサー産駒で菊花賞という3,000メートルのG1を制している名馬で、一時期は種牡馬となっていました。

そんなソングオブウインドですが、現在行方不明という情報が入っています。

G1も制したことがある馬が行方不明とは何事なのか、今いる場所についての情報がないか調査をしました。

現在行方不明のソングオブウインドってどんな馬?

ソングオブウインドは2003年生まれで主な勝ち鞍は2006年の菊花賞(G1)です。

2006年はメイショウサムソンが皐月賞、ダービーと制し3冠達成がかかっていた菊花賞をソングオブウインドが勝利しました。

8番人気、単勝44倍で大外から一気に伸びてきたのはびっくりでしたね。

2006年 菊花賞(GⅠ) | ソングオブウインド | JRA公式

その後は香港に遠征し、結果は4着。

屈腱炎を発症し、引退、種牡馬入りしました。

2007年〜2014年まで種牡馬として活動。

産駒はJRAでの重賞勝利馬はおらず、最近までは乗馬に転向していました。

ソングオブウインドの現在の行方は?

ソングオブウインドの現在の行方がなぜ注目をされているのか、ツイッターにて情報が発信され拡散されていきました。

この方が書いている「JRAに抗議」は?な感じです…。

日本では毎年約7,000頭のサラブレットが誕生しています。

その中でも競走馬を引退し、種牡馬、繁殖牝馬、功労馬、乗馬、誘導馬など第二の馬生が用意されている馬は少なく、残念ながら用途不明で処分されてしまう馬が多いです。

引退後の競走馬の面倒を見るには月に何万の維持費がかかります。

誰が費用を出して誰が面倒を見るのか…。

今の日本競馬会の課題となっています。

ただ今回のソングオブウインドはG1馬でその後の行方が分からないというのはかなり稀なため注目を集めています。

同じくG1馬で宝塚記念を勝利したオサイチジョージ、スプリンターズSを勝利したダイタクヤマトも種牡馬引退後、行方が分からないということがありました。

現在のソングオブウインドの行方は?さまざまな意見について

今回、ソングオブウインドの行方が分からなくなったことにより、さまざまな意見が出ております。

現在、ソングオブウインドの行方は分かっておりません。

もしどこかに引き取られていた場合は詮索するのは迷惑がかかるのでは?

という意見もありますね。

やはり引退後の競走馬の行く末について課題に思っている方が多いのが伺えます。

簡単に保護したら良いとも言えないですし、じゃあ毎年生まれる7,000頭は誰がお金を出し、誰が天寿を全うするまで面倒を見るのか非常に難しい話です。

同じく競馬の話題でハービンジャー産駒はなぜ種牡馬になれないのか?

という疑問について上記の記事でご紹介しています。

気になる方はぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました