楽天ゴールドカード改悪!その詳細と返金処理の方法、通常の楽天カードへの切替方法をご紹介

日常

楽天経済圏で生きている方は楽天ゴールドカードをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

私もその一人で楽天ゴールドカードを活用しています。

 

楽天ゴールドカードは年会費2,200円(税込)を支払えば、楽天市場での買い物の際、年会費無料の楽天カードと比べると2%分ポイントが上乗せされて付与されるという特典があります。

 

楽天市場で年間11万円以上お買い物をすれば元が取れるので大変お得なカードだったのですが、2021年1月14日の発表でその制度が変わってしまう事が判明しました。

 

今回はその改変内容と、返金、切替方法についてご紹介していきます。

 

楽天ゴールドカード改悪、その内容とは?

2021年1月14日、楽天からあるメールが届きました。

その内容は2021年4月1日から楽天市場で楽天ゴールドカードを使用してのお買い物の際、年会費無料の楽天カードと貰えるポイントの倍率が同じになるという内容でした。

年会費が11,000円かかる楽天プレミアムカードの特典はそのままですが、ゴールドカードのみ、通常の楽天カードと同様の条件になってしまいます。

あと残る特典といえば空港ラウンジ年2回無料という物のみです‥。

 

また、今回条件を変更する事により、誕生月に楽天市場、楽天ブックスで買い物をした際、ポイントが+1%付与される特典があるとの事ですが、今までは何もなくても+2%貰えていた事を思うと改悪と呼ぶ以外何もないですよね。

 

楽天ゴールドカードの年会費は返金してもらえる?

2021年1月14日よりも前(改変内容発表前)に楽天ゴールドカードを発行した方については返金の措置を行うと楽天側は発表しています。

2021年3月31日までは今までの制度のまま+2%がついて買い物が出来る為、4月から発行月までの月割の年会費を、引き落とし口座に振り込みを行い返金を行ってくれるそうです。

2021年3月31日までに手続きを行う必要がありますので、皆様忘れずに返金の手続きを行ってくださいね。

楽天ゴールドカード返金の手続き方法について

楽天カードの使用した金額が確認できるe-naviというサイトをご存知かと思いますが、e-naviにログイン後、重要なお知らせの中に「楽天ゴールドカード サービス改定のご案内」というメッセージがありますので、こちらをクリックし、

上記のメッセージが表示されますので、年会費返金のお手続きをクリックし、必要情報を入力し手続きを行ってください。

楽天ゴールドカードから通常カードやプレミアムカードへ切り替えた方が良いケースについて

今までポイント目的で楽天ゴールドカードを使用していた方は、年会費無料の通常の楽天カードに切替えるか、年会費11,000円の楽天プレミアムカードに切替えるか、はたまた解約をするかという選択肢があります。

 

楽天プレミアムカードに切り替える場合は年間55万円以上楽天市場で買い物をしないと年会費の元は取れないのでご注意ください。

 

年会費やポイントは気にせず限度額の兼ね合いで楽天ゴールドカードのままが良いという方はそのままでも良いでしょう。

楽天カード(年会費無料)、プレミアムカードへの切替方法について

返金処理と同様に、e-naviのページにアクセスし、重要なお知らせから「楽天ゴールドカード サービス改定のご案内」をクリックし、

上記のような表記が出ましたら、それぞれご希望の方をクリックし、必要事項を入力し手続きを行ってください。

 

手続きが完了すると、2021年3月31日までは楽天ゴールドカードを使用、2021年4月1日以降に順次切り替え後のカードが発行・発送される流れとなります。

楽天ゴールドカードの年会費を返金してもらえるのは2021年3月末までなのでお早めに!

私は早速行いましたが実に簡単に処理できました。

2021年3月31日までに処理を行わないと返金処理してもらえないので注意してくださいね。
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました