mineo(マイネオ)のマイそく12時〜13時の速度32kbpsだと何ができる?

携帯電話情報

格安SIMサービスであるmineo(マイネオ)から発表された、データ通信量使い放題で月額990円の「マイそく」について気になっている方も多いと思います。

マイそくのデメリットとして昼の12時〜13時に極端な速度制限がかかる点です。

通常の時間帯も高速とは言えない1.5Mbpsの速度ですが、平日・祝日の12時〜13時の時間帯は32kbpsの速度になります。

今回は、速度制限がかかる32kbpsの速度では何ができるのだろう?

と疑問に思っている方に向けて詳しくご紹介していきます。

mineo(マイネオ)のマイそくで12時〜13時に使用する場合、LINEでのメッセーのやり取りは可能?

32kbpsという数字だけだとピンとこない方も多いと思います。

月のデータ通信量を超過した場合、1Mbpsの速度に低下する料金プランを提供している会社が多い中、32kbpsはかなりの低速状態となります。

動画の閲覧はもちろん、ストリーミングで音楽を聴くことも難しいです。

ただし通常の電話のやり取りは可能です。

32kbpsの速度で何ができるかはmineo(マイネオ)の公式チャンネルで詳しくご紹介しています。

こちらを見るとLINEでのメッセージやスタンプのやり取りはスムーズにできることが分かります。

12時〜13時という時間帯のため、お昼ご飯を買うタイミングと同じになりますがQRコード決済の画面はなかなか出てこない状態のため、使用を検討している方は注意が必要です。

mineoの公式サイトはこちら 

mineo(マイネオ)のマイそくで速度制限がかかる時間もスムーズに利用するには?

ご紹介したようにmineo(マイネオ)のマイソクを利用する場合は昼の12時〜13時に極端な速度制限がかかってしまいます。

速度制限がかかる時間帯もスムーズに利用する方法として、楽天モバイルとの併用利用がオススメです。

楽天モバイルは毎月使用したデータ通信量によって料金が変わり、1GB未満に抑えれば0円で利用できます。

お昼の時間帯にQRコード決済の画面を出すために使うという使い方もできます。

通話に関して、mineo(マイネオ)のマイそくだと通話料金が別途かかってしまいますが、楽天モバイルを利用すればRakutenLinkという通話アプリが利用でき、通話料はかからず、使用したデータ通信量にもカウントされず0円で利用することが可能です。

mineo(マイネオ)のマイそくだとお昼の時間に何かあった時に不安…と考えていた方は楽天モバイルの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

mineoの公式サイトはこちら 

\今なら5,000円〜35,000円分の楽天ポイントがもらえる!/

楽天モバイルの公式サイトをチェック

こちらの記事でも詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました