LINEMO(ラインモ)は留守電対応している?

携帯電話情報

2021年3月からサービスが開始されたソフトバンクの新料金プランLINEMO(ラインモ)

データ通信量20GB使用できて月々2,728円(税込)のスマホプランと、データ通信量3GB使用できて月々990円(税込)のミニプランと2つプランから選択できます。

そこそこデータ通信を使用したい方、あまりデータ通信を使わない方、双方お得な料金プランを提供しているので気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回はLINEMO(ラインモ)を使用する際、留守番電話を使用できるの?

という疑問について回答していきます。

LINEMO(ラインモ)は留守番電話に対応している!

ソフトバンク回線が利用でき、お得な料金プランのLINEMO(ラインモ)について、サービス開始提供当初は留守番電話機能は利用できませんでしたが、現在は月額220円のオプション料金を支払えば利用できます。

他社のオンライン専用プラン(docomoのahamoや、auのpovo)は留守番電話には対応していないので、留守番電話機能付きでお得な料金プランに乗り換えたいと考えていた方はLINEMO(ラインモ)の利用がオススメです。

LINEMO(ラインモ)を利用する上でいくつかデメリットがあります。

・ソフトバンクからの移行でも(softbank.ne.jp)のメールアドレスを無料で利用することはできず、有料となる(年額3,300円or月額330円)

・店舗での申し込みはできず、公式HPでの申し込みのみの対応

・コールセンターの利用ができず、チャットサポートのみの対応

上記の点がデメリットとして挙げられます。

また、現在ソフトバンクの別の料金プランを利用している方はヤフープレミアム会員に特典として無料で入会できていますが、LINEMO(ラインモ)の場合はヤフープレミアム会員を継続したい場合、月額費用 508円(税込)を支払わないと継続して利用できないのでご注意ください。

今なら最大10,000円分のpaypayボーナスが貰える!

LINEMO(ラインモ)の公式サイトをチェック

その他のソフトバンクユーザーがLINEMO(ラインモ)に切り替える際のデメリットは下記の記事でご紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました