ネガティブな気分で仕事を辞めたいと思っている方へ

悩み

働いている人は誰でも仕事を辞めたい・・・と思う瞬間がありますよね。

辞めたい理由は様々あると思います。今後のキャリアアップをしていきたいという前向きな理由もあると思いますが、人間関係で悩んだり、仕事内容で悩んだり、上司との関係に悩んだり、会社の方針についていけなかったりなどなど人それぞれ色々あると思います。

そんな時、まずはどうすれば良いか、どういう心構えでいるべきなのか人事で何人も採用活動をしてきた私から見て辞めたい人のパターン別に今回はネガティブな理由で仕事を辞めたいと思っている方に向けてまとめましたのでご覧ください。

精神的に辛くてたまらな方へ、会社はあなたが居なくても回ります

まず、仕事が辛くて辞めたいけど、私が居なくなると同じ部署の人の仕事に迷惑がかかる、職場が回らなくなる。などと思っている方いませんか?

まずそれは間違いです。辞めて困るのは会社の都合ですが、あなたの人生はあなたが決めること、会社があなたの人生最後まで面倒を見てくれたりしません。

真面目で頑張り屋さんの人ほど辞めた後の職場の事を考えて辞めるのを躊躇しがちですが、実際には人が一人急に居なくなった後、会社が回らなくなった・営業が出来なくなったという会社があるのであれば、そもそもそこまでの会社なんです。

あなたは何も悪くありません。99.9%世の中の会社は人が一人居なくなっただけで回らなくなることはありません。

もし、精神的にかなり追い込まれていて、辞めたいけどどうしようと思っている方は心が壊れてしまう前に辞める事をお勧めします。

辞めたとしても2ヶ月ほどの生活できる余裕があれば、退職して2ヶ月後には失業保険が貰えるのをご存知ですか?
こちらの記事で詳しくご紹介しているのでご覧ください。

波があり、急に辞めたくなった方へ

今まで仕事が順調だった、或るいは適当にこなしていたけど、ショックな出来事があった、これからの事を思うと不安になり急に仕事を辞めたくなる方も居るのではないでしょうか。

そんな方にはまず、今の職場の良い点・悪い点を箇条書きにして書く事をお勧めします。
それだけでも今の職場・仕事内容を客観的に見ることが出来るからです。

また、求人サイトを見るのも今の職場を客観的に見れる一つの材料になります。

求人サイトを見ると、同じような仕事なのに給料が今より低いな・・・と思ったり、逆にこんな職場もあるのだと新たな発見もあります。

職業選択の自由が労働者にはあります。いざとなったら転職できると思うだけで、思いとどまるようであれば今の職場でもう少し頑張れるのかも知れません。

もしそうなのだとしたらもう少し自分自身の心の整理が付くまで考えてみるのも良いでしょう。

もう仕事を辞めると決めている方へ

既に転職活動をして仕事を辞める事を決めている方もいらっしゃると思います。

次の仕事が決まってから退職するという流れが本来は一番良いですよね。

ただ貯金もそこそこあり、しばらくの間ゆっくりしてから仕事を探そうという方もいるかと思います。

転職する方が多い時期は夏や冬のボーナスが出た直後に転職活動される方が多いです。
それだけその時期はライバルが多いというのも心掛けてください。

今私も採用活動をして面接を行っていますが、この時期(12月中旬)は大手企業から転職される方や、元々のスペックが高い方が多いなと感じています。

もし、貯金にゆとりがあり、しばらくゆっくりしたいと考えている方は、ボーナスが出て、有給も新年度になり付与されたタイミングに退職し、ご自身のペースでお仕事を探すのも良いかも知れません。

ボーナスが出た直後の転職活動は逆に避けた方が良いと個人的に思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今まで採用活動をして来て色々な方を見てきたので、勝手ながら私の思う事をつらつらと文章にしてみました。

とにかく心が壊れそうなほど辛かったら今すぐ辞めた方が良いです。コロナウイルスの影響で不況と言われていますが、意外と求人はありますし、失業保険も今まで3ヶ月待たないと出なかったのが2ヶ月待てば出るようになっています。

職業選択の自由が労働者にはあります。決して無理はしないようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました