銀歯になっているところを保険で白く出来るのを知っていますか?

日常

歯の治療を行う場合、奥歯が虫歯になると保険だと銀の被せ物になるのはご存知でしょうか。
自費で被せ物をするとなると5万円〜10万円、場合によってはもっとかかりますよね。
今、保険でもCAD/CAM冠という白い被せ物が奥歯でも使えるようになったのを知っていますか?
もし、笑った時に見える歯が銀歯なのをコンプレックスに思っていて、けど自費で支払えるお金はないし気になっているという方は是非ご覧ください。

CAD/CAM冠ってそもそも何?

CAD/CAM冠とはハイブリットレジンと呼ばれるセラミックとプラスチックを合わせた白い素材でで出来たものです。
見た目も普通の健康の歯と同じく白い素材なので、不自然な見た目にはなりません。
費用についてですが、銀歯の場合は被せる時の費用が3割負担で4000円ほどかかるのに対して、白い素材のCAD/CAM冠は6000円になります。

CAD/CAM冠は厚生局に届出を行っている、認可が降りている歯科医院でないと作ることは出来ませんが、CAD/CAM冠を扱っている歯科医院も増えてきていますので、気になる方はかかりつけの歯医者さんにCAD/CAM冠(キャドカムかん)は取り扱っていますか?と問い合わせてみてはいかがでしょうか。

奥歯でもCAD/CAM冠を使えるには条件があります。

さて、奥歯でも白い素材で出来上がるCAD/CAM冠について、全ての歯で出来るとは限らず条件があります。CAD/CAM冠が使えない条件について見ていきましょう。

・親知らずとその隣の奥歯には使用出来ない。(親知らずがない方は一番奥の歯)
・親知らずを数えずに奥から2番目の歯をCAD/CAM冠にしたい場合、その隣の一番奥の歯が上下左右きちんと残っていない場合は使用出来ない。
・歯科医が噛み合わせの状態を見て難しいと判断した場合。
一番上に挙げた一番奥の歯に関しては使用出来ない点ですが、金属アレルギーと診断されている方であれば使用できます。
もし金属アレルギーだけど、自費は使わずに保険で安く済ませたいと思っている方はかかりつけの歯医者さんに相談してみましょう。

CAD/CAM冠のデメリットについて

CAD/CAM冠ですが、通常の銀歯の被せ物に比べると強度が足りないと言われています。
噛み合わせの具合によっては割れやすかったり外れやすいといった事もある為、注意が必要です。
また銀歯ではあまり目立たないですが、白い被せ物なので汚れが付くと目立ちやすくなってしまいます。その為、毎食後の歯磨きなど丁寧に行う必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。歯並びや歯の色はその人の印象を左右する大事な部分だと思います。
歯は一生モノなのでお金を掛けた方が良いかと思いますが、なかなか自費の被せ物には手が出せないと思っていた方は今回ご紹介したCAD/CAM冠を是非検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました