通信障害発生時のために今後はデュアルSIM必須?非常時用にオススメの料金プランをご紹介

携帯電話情報

2022年7月2日よりauにて通信障害が発生し、3915万回線に影響を及ぼしたと発表されています。

急にネットも電話も使えなくなり、台風の時期にも重なり色々な方に影響が出ましたよね。

以前、docomoでも大規模な通信障害が発生、ソフトバンクでも大規模な通信障害が発生したことがありますが、数時間で復旧しました。

今回のauの通信障害は丸2日経過し未だに復旧していないエリアもあると言われています。

今回のことでどれだけスマホに依存していたか、スマホがないと大変なのかが分かったなぁ…。

auの通信障害を機に他社の回線を何かあった時のために予備回線として持っておこうかな…。

とお考えの方も多いのではないでしょうか。

そう滅多に発生しない通信障害ですが、今回の大規模障害の発生を機に、大手4大キャリアのうち2つの回線を持っておくということに関心をお持ちの方も増えたと思います。

今回は毎月の料金をなるべくかけずにデュアルSIMで利用するのにオススメのプランの組み合わせをご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

そもそもデュアルSIMってなに?

通常1つのスマホに1回線というイメージかと思いますが、デュアルSIMを利用すると1つのスマホに2つの回線を使用できます。

スマホを2台持つという方法もありますが持ち運びする際、だいぶ嵩張るのでご注意ください。

※ちなみに私は訳あって3台持ちで使用していてだいぶ嵩張っています。

古すぎるスマホでなければデュアルSIMに対応したスマホがほとんどなので利用を検討してみてはいかがでしょうか。

デュアルSIMを利用する際のデメリットは

・毎月支払う料金が2回線分必要になる。

・バッテリーの消費が早くなる。

という点があります。

バッテリーの消費が早くなる点は解決のしようがありませんが、2回線分の料金が必要になるというデメリットはお得な料金プランを上手く組み合わせれば料金をかけずに利用できますのでこれからご紹介していきます。

デュアルSIMでオススメの料金プラン①povo(ポヴォ)2.0+今使用中の回線

povo(ポヴォ)2.0ってauじゃん…。

と思われるかと思いますが、今ご自身が使用しているのがdocomoかソフトバンク、楽天モバイル回線の場合は非常時用にau回線を持てるのでオススメです。

povo(ポヴォ)2.0は基本使用料はかからず、自分が使いたい分だけつどトッピングを購入するという料金プランで毎月の維持費をかけずに携帯番号を持てます。

docomo、ソフトバンク、楽天モバイル回線に何か障害が発生した際、povo(ポヴォ)2.0にてデータ通信のトッピングを購入すればすぐに高速データ通信が可能になります。

もちろん通話もすぐに利用できます。

なお、180日に1度、660円分の料金の支払いか一度でもトッピングの購入履歴がないと事前通知の上解約されてしまうのでご注意ください。

デュアルSIMでオススメの料金プラン②IIJmio+今使用中の回線

IIJmioはdocomo、au回線が使用できる格安SIMサービスです。

現在ご自身が使用している回線とは別の回線を選択することで障害発生時のリスクを回避できます。

料金プランはこちら。

7月31日までに申し込みをすれば半年間割引価格で利用でき、1番少ない2ギガプランだと半年間は月額550円、半年後は月額850円で利用できます。

今使用中の回線以外を選択でき、料金プランもお得なのでオススメですよ。

IIJmioの公式サイトをチェック

デュアルSIMでオススメの料金プラン③日本通信 合理的シンプル290プラン+今使用中の回線

docomo以外の回線を使用中の方にオススメなのがdocomo回線が使用できる格安SIM日本通信の合理的シンプル290プランです。

非常時用に持っておくということを考えれば高速データ通信は1GBあれば足りると考える方も多いと思います。

日本通信の合理的シンプル290プランは基本使用料は1GB使用できてなんと月額290円

2ギガ以上使用する場合は1ギガごとに220円の料金を支払えば追加が可能です。

とにかく毎月のコストをかけずに持っておきたいという方にはオススメです。

ただし、契約時の初期費用として3,300円という料金がかかるのでご注意ください。

デュアルSIMでオススメの料金プラン④LINEMO(ラインモ)+今使用中の回線

ソフトバンク回線以外を使用中の方にオススメなのがソフトバンクのオンライン専用プランLINEMO(ラインモ)です。

現在3GB(月額990円)で使用できるミニプランが半年間実質無料のキャンペーンを実施しています。

契約後半年間は月額料金の990円がPayPayポイントとしてキャッシュバックされ、LINEMO(ラインモ)の毎月の支払いに充てることもできます。

LINEMO(ラインモ)のメリットとしてLINEでのデータ通信はカウントフリー、サブスク型音楽配信サービスLINEMUSICが半年間無料で利用できる点があります。

契約時の初期費用はかからず、3GBの高速データ通信がついて半年無料、半年後は月額990円の料金がかかるようになります。

デュアルSIMがどんな使い勝手なのか不安…という方には半年間は実質無料なため、お試しで使用できるのでオススメですよ。

LINEMO(ラインモ)の公式サイトをチェック

デュアルSIMでオススメの料金プラン まとめ

ここまでご覧いただきいかがでしたでしょうか。

私は楽天モバイルユーザーなので楽天モバイルがオススメですと書きたかったですが、料金プランが改悪されてしまい、維持費もかかるのでオススメにはあげませんでした。

今後も通信障害は無くならないと思います。

用心しすぎな気はしますが、今回のauでの通信障害を機に予備の回線を持ちたいと考えていた方にご紹介した内容が少しでも参考になっていれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました