自衛隊東京大規模接種センターでワクチン接種1回目をしてきたお話【モデルナ】

日常

皆さんはコロナウイルスのワクチン接種は済んでいますか?

私の住んでいる地域では待っても待っても予約受付が開始されないため、自衛隊東京大規模接種センターでの接種を決めました。

まだ予約受付が開始されていない地域にお住まいの方も多いと思いますので、実際にワクチンを打ってみての感想と当日の流れをお伝えします。

自衛隊東京大規模接種センターまでの道のり

まずは現地にきちんと着けるのかが不安でした。

詳しくは公式HPに掲載されていますが、東京駅からだと無料のシャトルバスが出ていたり、東京メトロの大手町駅から徒歩3分で行けたりと複数アクセスする方法があります。

私は東京メトロの大手町駅から大規模接種センターまで向かいました。

大手町駅の出口C2bというやたら複雑そうな表記に迷いそうだな…と不安でしたが、実際はそのようなことはなくスムーズに出口まで向かえました。

その理由が…

いたるところにこのような張り紙があります。

出口に近づくと看板を持っている人も多数いるので迷うことなく向かえました。

出口を出た後も看板を持っている人がいるので徒歩ですぐに会場に入れます。

会場はこのような大きな建物です。

自衛隊東京大規模接種センターに入ってからワクチン接種するまでの流れ

会場に入ると案内人の方がこちらの列からお入りください。と誘導してくれます。

アルコール消毒(足で踏むタイプ)と検温機の前に立ち検温を済ませてから書類を提出(ここまで待ち時間0で流れ作業でスムーズに進みます。)

実際にワクチン接種を受けるには下記の物を必ず持参する必要があります。

・市町村から届いた接種券

・持っている場合は接種券と一緒に入っている予診票(記入して持参した方がスムーズ)

・本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)

接種券や本人確認書類を忘れてしまった場合はせっかく会場に着いたのにワクチン接種を受けられなくなってしまうのでご注意ください。

上記の書類を一通り見せ終わった後、青・赤・黄・緑のいずれかのファイルが渡され、その色ごとにグループ分けされワクチン接種に向かいます。

ここでも待つことはなく、館内をひたすら移動し予診票の内容を確認していただき、問題なくそのままワクチン接種となりました。

私はほぼ待つことはなくスムーズにワクチン摂取ができました。

なんと言っても案内されている方の手際が良いのと、摂取する方の中に高齢者の方が居ないからか(笑)みんなモタモタせずに進みます。

ワクチン接種から次回の予約までの流れ

ワクチン接種は全く痛みはなく打ってる時間も数秒で終わりました。

その後、別の部屋に移動し、次回の予約を取ります。

モデルナの場合は接種してから4週間後に2回目の接種を受ける必要があります。

そのため、4週間後の1回目のワクチンを打った時間以降で何時に来れますか?と聞かれそのまま予約を取ってくれ紙を渡されました。

打った後に異変は特にない?

次回の予約を取った後は決められた時間まで待機し、館内を後にし帰る流れです。

まだワクチン接種をして1日目だからか身体に特に何も変化はなく問題ないです。

※と書いたのですがその後‥

腕の痛みだけでおさまってくれることを祈ります。。。

その後2日目、副反応が出ました。

こちらの記事でご紹介しています。

早くワクチンを打ちたい方は自衛隊東京大規模接種センターはオススメです!

今回、自衛隊東京大規模接種センターでワクチン接種をして本当にスムーズに終えることができ、受けて良かったなと実感しました。

ファイザーの方が安心という声もありますが、市町村で予約を取るとなるといつになるか分からないし不安な方も多いと思います。

そんな方はぜひ自衛隊東京大規模接種センターでの接種をオススメします。

※2回目の接種当日の様子はこちらの記事でご紹介しています。

ぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました