ahamo同様、LINEMO、povoもキャリアメールが使えないので注意!

携帯電話情報

2021年3月からスタートするahamo(アハモ)、LINEMO(ラインモ)、povo(ポヴォ)のサービスをどれにするか検討中の方も多いかと思います。

ご存知の方もいるかと思いますが、キャリアメールのdocomo.ne.jpやezweb.ne.jpといったアドレスはプランを変更すると使用できなくなってしまうので注意が必要です。

今はLINEなどで連絡を取ることが多く、キャリアメールを使用する頻度は減っているかと思いますが、LINEなどを使わない方や、会員登録情報にキャリアメールのメールアドレスを使用している方は困りますよね。

今回はキャリアメールを使用している方で切り替えるまでに行った方が良いことや、それ以外のデメリットについてもご紹介していますので是非ご覧ください。

各社のサービスに切り替えるまでに準備をすること

まずはGmailやYahooなど無料のアドレスを取得することをお勧めします。

今までのキャリアメールの送受信とは使い勝手が変わってしまいますが、専用のアプリもあるので慣れれば便利に使うことができますよ。

また、メールアドレスが使えなくなることを知人に事前に連絡したり、会員登録情報のアドレスにキャリアメールを使用していた場合は取得した無料のメールアドレスに変更の手続きを早めに行うことをお勧めします。

(ギリギリだと面倒になってしまいますからね・・・)

事前に知っておくべき各社共通のデメリットについて

キャリアメールが使用できないのは大きなデメリットですが、それ以外にも各社共通のデメリットがありますのでご紹介します。

・店舗での受付、契約、サポートが受けられず、ネット上で全て完結させる必要がある

・電話でのサポートもない予定、困ったことがあった場合はチャットでのやりとりとなる

・データ通信量20GBを使い切らなかった場合、翌月に繰り越せるなどのサービスはない

価格を低く抑えられているのには訳があり、契約時のサポートがなく、契約後も電話でのサポートが基本的にないという点が挙げられます。
先日新料金を発表した楽天モバイルでは会見時に他社は店舗でのサービスは行っていないが、楽天モバイルは行っていますと売り文句にしていました。

まだどこのサービスを利用するか迷われている方へ

同じような料金体系、サポート内容でどこの会社のサービスを利用するかまだ迷われている方も多いでしょう。

今各社先行エントリーを行っていて、サービス開始日までに先行エントリーを完了させ、5月末までに開通作業を行えば3,000円相当分のポイントが貰えるのはご存知でしょうか。

こちらの記事でもエントリー方法など詳しくご紹介していますが、まだ迷われている方はひとまず全てのサービスに先行エントリーを行っておく事をお勧めします。(契約ではなく、キャンセル料などかかりませんので。

また、各社それぞれのサービスを比較した内容もこちらの記事でご紹介していますので、迷われている方はご覧いただき検討材料の一つにしていただけると幸いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

キャリアメールが使えないのは人によってはかなり大きいデメリットでプラン変更を躊躇してしまう点の一つかと思います。

また、店舗での契約が受けられないのもネットが得意な方でない場合は困りますよね。

楽天モバイルの場合は、3社の料金よりも安く、また、店舗でのサービスも受けられます。

先日発表された楽天モバイルUN-LIMIT Ⅵの詳細をこちらの記事でご紹介していますのでご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました