povo(ポヴォ)は1人で複数回線契約可能?

携帯電話情報

2021年3月からサービスが開始されたauの新料金プランpovo(ポヴォ)ですが、データ通信量20GB使用でき、月々2,728円(税込)と大変お得なプランで話題になっていますよね。

また、2021年9月からは基本使用料はかからず使いたい分だけトッピングを購入するという新しい料金プランのpovo(ポヴォ)2.0のサービスが開始されました。

複数台番号を持ちたいと考えている方でpovo(ポヴォ)の契約は1人何回線までという制限があるか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は契約数の制限があるのか、他社のお得なプランについてもご紹介していきます。

povo(ポヴォ)1.0、2.0共に1人で最大5回線まで契約可能!

povo(ポヴォ)の契約は1人あたり最大5回線まで契約可能です。

公式サイトより

povo(ポヴォ)の使い心地が良いので回線を増やしたいと考えている方は契約数を増やすのを検討してみてはいかがでしょうか。

povo(ポヴォ)2.0は基本使用料がかからないので使い方によっては無料で5回線持てるのでは?と思うかと思いますが、開通後180日間の間でトッピングの購入か660円分の料金を発生させないと継続的に利用できないのでご注意ください。

詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

こちらの記事では現在povo(ポヴォ)1.0を使用していて2.0へ移行しようとしている方に向けて知っておいてもらいたいデメリットをご紹介しています。

ぜひご覧ください。

複数台番号を持ちたい方は他社のプランを検討するのもオススメ

携帯番号を仕事関係者用とプライベートと分けたい方も多いのではないでしょうか。

povo(ポヴォ)を既に契約しているけど、もう1台別の回線を契約したいと考えている場合、povo(ポヴォ)をもう1回線増やすのも良いと思いますが、他社のプランもオススメです。

楽天モバイルは使用したデータ通信量の分だけ毎月の料金がかかります。

・0GB〜1GBまでの利用→無料

・1GB〜3GBまでの利用→1,078円

・3GB〜20GBまでの利用→2,178円

・20GB以上使い放題→3,278円

※価格は全て税込

1GBまでの利用の場合、無料になるのは大きいですよね。

今契約すると契約後3ヶ月どれだけデータ通信を使用しても無料というキャンペーンも行っています。

複数回線の利用を検討している方は楽天モバイルも候補として検討してみてはいかがでしょうか。

※いつ解約しても解約手数料はかかりません。

今なら3ヶ月間無料で利用可能!

楽天モバイルの公式サイトをチェック

まとめ

いかがでしたでしょうか。

povo(ポヴォ)は1人あたり最大5回線まで契約が可能なのと、他社でもお得なプランが存在しているので複数回線の利用を検討している方はご自身にあったプランで契約することをオススメします!

こちらの記事ではデータ通信量を10〜20GB使用する場合、どこのプランが一番お得なのか?ランキング形式でご紹介しています。

ぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました