povo(ポヴォ)2.0とLINEMO(ラインモ)の併用がオススメな理由

携帯電話情報

皆さんは毎月のスマホ代にいくらかけていますか?

各社お得な料金プランを打ち出していますが、

なるべく料金をかけずに安全に利用したいなぁ…。

毎月そんなに使わないけど、たまに多く使いたい時もあるしどこのプランが自分に合っているのか分からない…。

と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな方にpovo(ポヴォ)2.0とLINEMO(ラインモ)の併用利用についてオススメな理由をご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

povo(ポヴォ)2.0とLINEMO(ラインモ)どうして併用が良いの?

povo(ポヴォ)2.0とLINEMO(ラインモ)双方とも一つのプランのみ利用してもお得に利用できます。

ただし併用利用することによりメリットがたくさんあるんです。

まずpovo(ポヴォ)2.0は基本使用料0円で利用でき、自分が使いたい分だけつどトッピングを購入するという他社にはない料金プランです。

料金プランは下記となります。

データ通信量 利用可能期間 金額
使い放題 24時間 330円
1GB 7日間 390円
3GB 30日間 990円
20GB 30日間 2,700円
60GB 90日間 6,490円
150GB 180日間 12,980円

LINEMO(ラインモ)は3GBのミニプラン(月額990円)と20GBのスマホプラン(月額2,728円)から選択できます。

LINEでのデータ通信はカウントフリーで使い放題、サブスク型音楽配信サービスLINEMUSICが半年間無料で利用できるというメリットがあります。

ご紹介したように単体でも充分にお得に利用できますが、さらにお得に利用するにはpovo(ポヴォ)2.0とLINEMO(ラインモ)を併用利用することです。

主回線はLINEMO(ラインモ)を利用し、サブ回線としてpovo(ポヴォ)2.0を利用するという使い方がオススメです。

LINEMO(ラインモ)のキャンペーン内容をチェック

ここからはpovo(ポヴォ)2.0とLINEMO(ラインモ)を併用利用することによるメリットをご紹介していきます。

povo(ポヴォ)2.0とLINEMO(ラインモ)の併用利用がオススメな理由①通信障害発生時のリスク回避ができる

auの大規模通信障害を覚えていらっしゃいますでしょうか?

土日にかけて長い間通話、データ通信が利用できないという状況が起こりました。

過去にはdocomoもソフトバンクも通信障害で利用できないということがあったため、後もどのキャリアを利用していても通信障害が発生するリスクがあります。

そこでソフトバンク回線のLINEMO(ラインモ)とau回線のpovo(ポヴォ)2.0を両方持っておくことにより、どちらかの回線で通信障害が発生した際、もう片方の回線は通常通り使えてリスク回避ができます。

povo(ポヴォ)2.0とLINEMO(ラインモ)の併用利用がオススメな理由②povo(ポヴォ)2.0がスポット的に使用するのに優れている

povo(ポヴォ)2.0はさまざまなデータトッピングがあり、中には1日データ使い放題というトッピングもあります。

普段はあまりデータ通信を使用しないけど、たまにたくさん使いたい時があるんだよなぁ…。

という方には最適です。

メイン回線として使用するLINEMO(ラインモ)は20GBのスマホプラン、3GBのミニプランと選択肢があり、ご自身が毎月どのぐらい使用するかによってプランを選択できます。

ベースは3GBor20GBで使用し、イレギュラーで使用したい時だけpovo(ポヴォ)2.0を使用すると良いでしょう。

povo(ポヴォ)2.0とLINEMO(ラインモ)の併用利用がオススメな理由③LINEMO(ラインモ)がキャンペーン含めてかなりお得

LINEMO(ラインモ)では契約時に色々な特典が付くのをご存知でしょうか。

20GBのスマホプランの場合は10,000円分のPayPayポイントがキャッシュバックされ、3GBのミニプランは月額料金がキャッシュバックされ8ヶ月間は実質無料で利用できます。

付与されたPayPayポイントは毎月の支払いに充てることもできますよ。

またLINEMO(ラインモ)では通話かけ放題のオプションが2種類あり、

・5分以内かけ放題 月額550円

・完全かけ放題 月額1,650円

で利用できます。

かけ放題のオプションをつけた場合、1年間は550円割引で利用できます。

そのため、5分以内の通話かけ放題を1年間無料で利用できるのと同じなので本当にお得です。

LINEMO(ラインモ)のキャンペーン内容をチェック

povo(ポヴォ)2.0とLINEMO(ラインモ)の併用がオススメな理由 まとめ

ここまでご覧いただきいかがでしたでしょうか。

LINEMO(ラインモ)を主回線にすることでPayPayポイントがキャッシュバックされ、5分以内通話が1年間無料で利用できてお得です。

また、サブ回線をpovo(ポヴォ)2.0にすることにより、通信障害発生時の予備回線として活用ができ、1日データ使い放題等スポット的にデータ通信を多く利用したい時に使えるのでオススメです。

LINEMO(ラインモ)のキャンペーン期間中にpovo(ポヴォ)2.0とLINEMO(ラインモ)の併用利用を検討してみてはいかがでしょうか。

LINEMO(ラインモ)のキャンペーン内容をチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました