povo(ポヴォ)1.0は終了?povo(ポヴォ)2.0に切り替えないといけない?

携帯電話情報

2021年3月からサービスが開始されたauの新料金プランpovo(ポヴォ)ですが、2021年9月29日からpovo(ポヴォ)2.0という新しい料金プランがスタートしたのはご存知でしょうか?

povo(ポヴォ)2.0について、基本使用料はかからず自分でどれだけ使用するかトッピングを購入するという新しい料金プランになっています。

現在povo(ポヴォ)1.0を使用している方は必ずpovo(ポヴォ)2.0にしなくてはいけないのか?また、これからpovo(ポヴォ)1.0のプランで契約したい場合はどうしたら良いかという疑問について回答していきます。

povo(ポヴォ)2.0がスタートし、povo(ポヴォ)1.0の新規契約は終了しています!

povo(ポヴォ)1.0はデータ通信量20GB使用でき、月々2,728円という料金プランです。

新たにpovo(ポヴォ)2.0の料金プランがスタートしたことにより、povo(ポヴォ)1.0の新規契約はできなくなっています。

今後povo(ポヴォ)を契約する場合は必ずpovo(ポヴォ)2.0の料金プランでの契約となります。

povo(ポヴォ)2.0は基本使用料はかからないですが、データ通信量に関しては下記のトッピングをつど購入し利用していきます。

通話料金に関するトッピングはこちら

・5分以内の通話かけ放題→月々550円(税込)

・通話時間問わずかけ放題→月々1,650円(税込)

※通話トッピングを購入しない場合は30秒ごとに22円(税込)の通話料金がかかります。

データ通信量に関するトッピングはこちら

・1GB(7日間有効)/390円(税込)

・3GB(30日間有効)/990円(税込)

・20GB(30日間有効)/2,700円(税込)

・60GB(90日間有効)/6,490円(税込)

・150GB(180日間有効)/12,980円(税込)

現在povo(ポヴォ)1.0を契約している場合、povo(ポヴォ)2.0に契約を変更しなくてはいけない?

現在povo(ポヴォ)1.0の料金プランで契約している方も多いでしょう。

新たにpovo(ポヴォ)2.0のプランがスタートしたことにより、自動的にpovo(ポヴォ)2.0に移行してしまうのかと心配な方もいらっしゃると思いますが、敢えて自分で料金プランを変更しない限りはpovo(ポヴォ)1.0の料金プランで使い続けることができますのでご安心ください。

また、povo(ポヴォ)1.0を使用中でpovo(ポヴォ)2.0の料金プランに移行を検討している方はデメリットも多くありますのでお気をつけください。

こちらの記事で詳しくご紹介しています。

まとめ povo(ポヴォ)1.0は新規契約を終了しているが、継続して利用可能

いかがでしたでしょうか。

現在povo(ポヴォ)1.0の新規契約は終了していますが、継続して利用可能です。

povo(ポヴォ)2.0の料金プランはややこしくてシンプルなpovo(ポヴォ)1.0のプランのまま継続したいと考えている方も多いと思います。

こちらの記事ではpovo(ポヴォ)2.0の購入したトッピングは自動更新されるのか?という疑問について回答しています。

ぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました