povo(ポヴォ)を契約と解約、6回線以上繰り返している人は要注意!

携帯電話情報

povo(ポヴォ)2.0は基本使用料、契約時、解約時の手数料がかからないauのオンライン専用プランで気軽に契約できるのが魅力です。

中には他社回線に乗り換える際の特典目当てに契約と解約を繰り返しているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそのような方に向けて新たに発表された注意事項をご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

2022年12月20日からpovo(ポヴォ)2.0を1年以内に6回線以上契約と解約を繰り返していると事務手数料がかかるように!

povo(ポヴォ)2.0は同一名義で最大5回線まで同時契約できるのをご存知でしょうか。

物理SIM、eSIMの場合どちらとも手数料がかからずに利用できるのでお得ですよね。

そんなpovo(ポヴォ)2.0ですが12月2日、公式ホームページにて重要なお知らせが掲載されました。

ご覧の通り、2022年12月20日以降、povo(ポヴォ)2.0を新規契約する場合、過去1年間に5回線以上新規契約をしている、つまり1年以内に契約、解約を繰り返し6回線目以降の契約になる場合、契約時の事務手数料として3,300円の料金がかかるようになります。

あまり対象となるかたはいらっしゃらないと思いますが、povo(ポヴォ)2.0で契約と解約を繰り返して利用していた方はお気をつけくださいね。

povo(ポヴォ)1.0から2.0に変更した分も含まれますのでご注意ください。

もし2022年12月20日以降、povoの契約が6回線目以上になってしまうという方はデータ通信量3GB使用できるLINEMO(ラインモ)のミニプランであれば一時的に支払う金額が発生してしまいますが、8ヶ月PayPayポイントがキャッシュバックされるキャンペーンが行われているのでオススメですよ。

LINEMO(ラインモ)はLINEでのデータ通信はカウントフリーで使い放題、かけ放題のオプションを付けた場合、1年間550円割引で利用できるため、5分以内通話無料オプションが1年間タダで利用できます。

LINEMO(ラインモ)のミニプランを8ヶ月無料で利用できるのは2023年1月末までの申し込みとなっているので気になる方はお早めに申し込むことをオススメします。

\今なら8ヶ月間無料で利用可能!/

povo(ポヴォ)2.0で何も利用しないままMNP転出手続きは可能?ブラックリスト入りの心配は?

という疑問については下記の記事で詳しくご紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました