povo(ポヴォ)2.0は0GBでも使用できる?

当サイトでは一部PRがあります
携帯電話情報

auのオンライン専用プランpovo(ポヴォ)2.0。

店舗での申し込みはできずにネットでの申し込みのみ対応している料金プランですが、他社にはない自分の使い方に合わせて利用できるプランのため利用している方も多くいて話題になっています。

今回は

月の途中でデータ通信のトッピングを使い切って0GBになってもそのまま使い続けることはできる?

という疑問について解説していきます。

povo(ポヴォ)2.0は0GBの状態でも利用可能

povo(ポヴォ)2.0は毎月の基本使用料はかからず、高速データ通信を利用したいときにつど「トッピング」と呼ばれる高速データ通信量を購入し利用します。

料金はこちら。

データ通信量 利用可能期間 金額
使い放題 24時間 330円
1GB 7日間 390円
3GB 30日間 990円
20GB 30日間 2,700円
60GB 90日間 6,490円
150GB 180日間 12,980円

他社の料金プランの場合は月に○GBで○○円という料金プランですが、povo(ポヴォ)2.0の場合は上記の高速データ通信のトッピングを購入し利用します。

例えば契約後何もデータ通信のトッピングを購入しなかった場合や、上記のデータ通信量を使い切った場合は最大128kbpsという低速状態で利用することになります。

そのため、月の途中でデータ通信のトッピングを使い切った場合でも高速データ通信の利用自体が不要な場合、購入しなければその間にかかる携帯料金を抑えることができます。

povo(ポヴォ)2.0の場合は月に○GBとは考えずに、自分がこれからどれぐらい高速データ通信を必要としているかによっていつトッピングを購入するか判断する必要があります。

>>povo(ポヴォ)2.0を賢く利用するには【660円】という金額が鍵!?

povo(ポヴォ)2.0で0GBの状態でも高速データ通信を利用できるケースについて

通常は高速データ通信のトッピングを購入しないと低速状態で利用することになりますが、トッピングを購入せずに高速データ通信を利用する方法があります。

povo(ポヴォ)2.0では対象店舗での買い物の際、auPAYで支払うとギガがもらえるギガ活というサービスがあります。

例えばコンビニのローソンで500円以上の買い物をした際は300MBの高速データ通信をGETできます。

トッピングを購入せずに賢くギガがもらえるギガ活を活用してお得に利用してみてはいかがでしょうか。

下記の記事ではpovo(ポヴォ)2.0をギガ活のみで利用し続けることは可能?という疑問について解説しています。

プロフィール
この記事を書いた人
ゆう

携帯料金プランについての情報を中心に発信しているYouTubeチャンネル聞くお得情報(チャンネル登録者9,000人)を運営中。
30代 会社員→2023年からは独立して個人事業主へ。
2018年、携帯料金プランの見直しを機にファイナンシャルプランナーの資格を取得。
今まで契約してきた携帯料金プラン・格安SIMは合計12社。

ゆうをフォローする
携帯電話情報
ゆうをフォローする
ゆうのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました