povo(ポヴォ)を契約中にフリーダイヤル(0120)に電話すると料金はかかる?

携帯電話情報

2021年3月からサービスが開始されたauの新料金プランpovo(ポヴォ)はデータ通信量20GB使用でき月々2,728円(税込)とお得なプランで話題になっていますよね。

povo(ポヴォ)の場合、通話料金は別途発生してしまいますがフリーダイヤルにかける時も料金がかかるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はpovo(ポヴォ)を使用している場合に料金がかかる場合、かからない場合、通話に関しての注意点をご紹介していきます。

povo(ポヴォ)は通話料金は別途かかるがフリーダイヤルは料金がかからず無料

povo(ポヴォ)を契約した際、5分以内の通話かけ放題(月々550円・税込)や5分以上の通話もかけ放題にするプラン(月々1,650円・税込)のオプションを付けていないと30秒ごとに22円(税込)の料金がかかってしまいます。

ただしフリーダイヤル(0120)に電話をかける場合は料金はかからず無料になりますのでご安心ください。

フリーダイヤル以外の国内通話をよく利用する方は上記でご紹介したかけ放題プランのオプションを付けることをオススメします。

povo(ポヴォ)でかけ放題のオプションを付けていても料金がかかってしまうケースはどんなケース?

かけ放題のオプションを付けていても料金がかかってしまうケースがあるのでご注意ください。

0180(テレドーム)、0570(ナビダイヤルなど)から始まる番号に電話をかける場合はかけ放題の対象外となってしまいます。

またSMS(ショートメール)もかけ放題のオプションを付けると無料になるのかと考える方もいらっしゃるようですが、SMS(ショートメール)を送信する場合も別途料金がかかってしまいます。

SMS(ショートメール)送信時の詳しい金額などはこちらの記事でご紹介しています。

SMS(ショートメール)も国内通話も無料でお得に使える方法について

国内通話やSMS(ショートメール)送信時に料金がかからずに無料で使える方法があります。

povo(ポヴォ)を利用している方であれば、楽天モバイルを通話専用として持ち併用して利用する方法です。

楽天モバイルの場合はRakutenLinkというアプリを使用しながら通話やSMS(ショートメール)のやり取りをします。

無料で利用できるのと、データ通信量の消費量にはカウントされないため、ずっと無料で利用できます。

詳しくは楽天モバイル公式サイトをご覧ください。

楽天モバイルの公式サイトをチェック

povo(ポヴォ)と楽天モバイル併用がオススメの理由はこちらの記事でご紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました