ahamo(アハモ)ピンチ!?ソフトバンクからLINEMO(ラインモ)が発表された件

携帯電話情報

2021年2月18日、ソフトバンクからsoftbankonLINEという仮名称だった新料金プランの正式名称がLINEMO(ラインモ)と発表されました。

それと同時に料金プランも新しくなり、詳細も発表されましたね。

今回はLINEMO(ラインモ)の詳細となぜahamo(アハモ)がピンチなのか詳しくご紹介していきます。

ソフトバンクの新料金プランLINEMO(ラインモ)の特徴について

softbankonLINEとして発表された当初はデータ通信量20GB使用可能、国内通話5分以内無料、LINEでのデータ通信に関してはデータ通信量にカウントせず月額2,980円(税抜)と発表されていました。

ahamo(アハモ)が発表されてからしばらくしてソフトバンクから出た新料金プランのため、ahamo(アハモ)との違いが分からない、酷似しているとの意見がありましたよね。

LINEMOのメリットについて

さて、当初のsoftbankonLINEとLINEMO(ラインモ)は何が違うのか、メリットについてまとめました。

・データ通信量20GB使用でき、月額2,480円に変更され価格が安くなった

・国内通話5分以内無料を付ける場合は500円のオプション料金を支払えば可能

・LINEで簡単に申し込みの手続きができる

・ソフトバンク回線がそのまま使用できるため、昼も夕方も遅くなることはない

・eSIMに対応していて、契約完了後QRコードを読み込めば完了 SIMカードの配送を待つ必要がない

・3月16日までに公式サイトにて先行エントリーを行えば、PayPayボーナス3000円分がもらえる。

・3月17日からサービス開始と、ahamo(アハモ)よりも早くサービスが開始される
(ahamoのサービス開始は3月26日から)

いかがでしょうか。
LINEでのデータ通信は当初の予定通りデータ通信量にはカウントされない上に上記のようなメリットがあります。
なかでも、LINEで簡単に手続きができて、eSIM対応の端末であればQRコードを読み込むだけで手続きは済むのは忙しい方にとってはありがたいサービスですよね。
こちらの記事では反対にLINEMO(ラインモ)のデメリットについてご紹介しています。
ぜひご覧ください。

なぜLINEMO(ラインモ)の発表でahamo(アハモ)がピンチなのか

docomoからはahamo(アハモ)、ソフトバンクからはLINEMO(ラインモ)、KDDI(au)からはpovo(ポヴォ)と大手3台キャリアの格安プランが出揃いましたね。

ahamo(アハモ)以外のLINEMO(ラインモ)とpovo(ポヴォ)は月額2,480円に対して、ahamo(アハモ)だけは月額2,700円と費用が違います。

ahamo(アハモ)の場合は国内通話5分以内無料がついて2,700円となっていますが、今はLINE等の無料で通話できるアプリで通話をするので、そもそも電話料金無料のオプションがいらないといった方も多いでしょう。

今回の3社対応の格安プランはネット上でプラン変更の手続きを完了させる必要があり、店舗での契約、サポートがない点と、コールセンターでの利用はできずチャットでの対応となることから若者向けと言われています。

若者向けだからこそ、国内通話5分以内無料を無理やりつけて他社よりも高い料金プランのahamo(アハモ)ではなくLINEMO(ラインモ)やpovo(ポヴォ)を選択する方がこれから増えることが予想されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はソフトバンクがKDDI(au)のpovo(ポヴォ)に料金体系を合わせてきましたね。

LINEMO(ラインモ)の利点はLINEでのデータ通信が通信量にカウントされないメリットが大きいと思いますので、その辺りを考慮に入れて3月までにどのプランにするか、一番自分に合っているプランを選択してくださいね。

こちらの記事ではYouTubeなどが月額280円で見放題になるBIGLOBEモバイルのエンタメフリーについてご紹介しています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました