家族がギャンブル依存症かも?と思った方へどう接した方が良いのかご紹介します

ギャンブル依存症について

私はギャンブル依存症で2020年の8月貯金を全部使い果たしてしまいました。

それ以降、もうギャンブルはしないと決め、どうにか仕事以外の事でもお金を貯めて今まで使ってしまった分を少しでも取り戻せないか日々模索中です。

私はギャンブルの中でも競馬に嵌っていました。

他にもパチンコやスロットにものめり込んでいた時期があったのである程度ギャンブルに熱が入ってしまう方の気持ちは分かるつもりです。

今になり、ギャンブル依存症は直ったなんて微塵とも思いませんが、一番自分が熱くなっていた時に家族はどう見ていたのか、逆に家族にどう接して貰えたら良かったのか色々と考えてみました。

ギャンブル依存症になる人は自己肯定感が低いです

まずギャンブルにのめり込み使ってはいけないお金を使い、貯金を使い果たしたり、借金までしている方は自己肯定感がかなり低いです。

本当にどうしようもない自分、家族や周りに迷惑を掛けている。もしこの状況がバレたらどうしようと日々怯えています。

申し訳ない気持ちはありながらも、ギャンブルに手を出してしまう病気のようなものです。
もし結婚している方で配偶者の方がそのような状況になってしまうと呆れてしまいますよね?
ギャンブル依存症の人間は家族に見放されてもおかしくない、どうしようもない自分と思って生きています。

ギャンブルしてるの?と問い詰められると直ぐ嘘をついてしまいます

パチンコスロット競馬など、ギャンブルをしているのは知っているけど、「今日も行ったの?」や「借金してないよね?」といった言葉を掛けても絶対に本当の事は言わないと思ったほうが良いです。
借金して悩んでいても、問い詰められた状態で実は借金していますとはギャンブル依存症の人間にとっては言いづらいのです。

家族の力でギャンブルから離れる日常へ誘導して欲しいと思っていました。

私がのめり込んでいた時、土日に競馬が開催されるので休みはずっと1レースから馬券を買ってお金をかなり使ってしまっていました。

その当時私が思っていた事は、無理矢理仕事があったり、家族がどこかに連れ出してくれれば家にいる時に比べてやらなくて済むかなと思っていました。

もしご家族の方がギャンブル依存症かも?と思っている方は土日など休日に家族の用事を立ててギャンブルから離す機会を作っていただくと良いのではと思います。

根本的な解決にはなりませんが、のめり込んでいる人間は普通の人間の日常も忘れてしまっていますのである程度効果があるのではと思います。

問い詰めるのではなく、一緒に考え、どうやったら解決するかを考えていただけるとありがたいです。

ギャンブル依存症の人間の身からこのような事を言うのは申し訳ない気もしますが、一番信頼している家族に今の状況を打ち明けられ、これからどうやって解決していくか一緒に考えられる機会があれば当時の私もありがたかったと思います。

ギャンブル依存症の人間なんてどうしようもない、家族の事なんて何にも考えていない!と思うのは本当にその通りだと思います。
ただ自分でも制御が出来なくなってしまう病気の状態がギャンブル依存症なのです。

今は依存症を直す病院など色々とあります。
本気のトーンで、最近のあなたを見ると心配だから聞きたい、一緒に直していきたいという形で話をしてもらえるとギャンブル依存症の人間にとってはありがたいです。

ギャンブルにのめり込んでしまっている前のその方はとっても魅力的な方で、また前のように戻ってもらいたいと思う気持ちがある場合は、是非問い詰めるのではなく寄り添って向き合う機会を作っていただけると良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。私が勝手に思っているものになりますのであくまで参考程度に見ていただけると幸いです。

もしご自身がギャンブル依存症で悩んでいる方、また家族がギャンブル依存症かも?と思って悩んでいる方いらっしゃいましたら、私なんかでもよろしければいつでも相談に乗りますのでコメント欄にコメントをしていただくか、問い合わせ欄がありますのでメッセージを頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました