ahamo(アハモ)には罠がある?契約前に知っておきたい3つの罠

携帯電話情報

2021年3月からサービスが開始されたドコモの新料金プランahamo(アハモ)ですが、月のデータ通信量20GB使用でき、5分以内の通話は無料、ドコモ回線を使用できて月々2,970円(税込)の金額はかなりお得ですよね。

今回は「ahamo(アハモ)ってなんとなく聞いたことあるけど契約してみようかな?」と考えている方に向けて契約前に知っておいてもらいたいahamo(アハモ)の3つの罠についてご紹介していきます。

ahamo(アハモ)の罠① 通常のドコモの料金プランとは違う点が多数

ドコモの新料金プランとして登場したahamo(アハモ)ですが、通常のドコモの料金プランとは異なる点が多々あるので注意が必要です。

・キャリアメール (docomo.ne.jp)が使用できない

・店舗でプラン変更ができず、ネット上で全て自分で行う必要がある

・コールセンターでのサポートが受けられず、チャットサポートのみ

・留守番電話サービスが使用できない

・電波が通りづらい場所で使用できていた3G回線が使用できない

・契約する際は20歳以上の名義でないと契約できない

いかがでしょうか。

特にキャリアメールが使用できないという点は厄介ですよね。

契約前に無料のメールアドレスを取得し、アドレス変更の連絡をしたり、会員登録しているサービスの登録しているメールアドレスがキャリアメールの場合は事前に変更の手続きをする必要があります。

上記に挙がっている店舗でのプラン変更ができないという点ですが、ドコモショップにお金を支払えば変更の手続きのサポートを行なってくれるのはご存知でしょうか。

こちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

ahamo(アハモ)の罠② 料金が2,970円(税込)ではない?

ahamo(アハモ)の1番の魅力はデータ通信量20GB使用でき、5分以内の通話は無料で月々2,970円(税込)の価格で利用できるコスパの良さですよね。

実は2,970円(税込)は正確な金額ではなく、必ず支払う必要があるユニバーサルサービス料を含めると最低でも2,973円(税込)になり、オプションを付けるともっと料金が高くなります。

申し込み時にオプションを付けるかどうか選択ができますが、心配でついついオプションをつけ過ぎると料金が上がってしまいますので注意が必要です。

こちらの記事でも詳しくご紹介していますのでご覧ください。

ahamo(アハモ)の罠③ チャットサポートが使いづらい?

ahamo(アハモ)は店舗でのサポートやコールセンターの利用ができない代わりにチャットサポート機能を使用できるようになっています。

チャットサポート機能ですが、繋がりづらく問題があった時に解決できないという口コミが多数出ています。

上記のような口コミが他にも多数上がっています。

何かあったら直ぐに誰かに聞いて問題解決したい、混乱してしまうという性格の方はahamo(アハモ)には合わない可能性がありますのでご注意ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

契約前に知っておいて貰いたいahamo(アハモ)の3つの罠についてご紹介していきました。

安いものには裏がありますが、そのデメリットも問題ないと判断できる方であればahamo(アハモ)は合っているのではないでしょうか。

こちらの記事ではahamo(アハモ)を使用する場合、昼間や夕方に速度制限はあるのかという疑問について口コミをご紹介しています。

ぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました