ahamoと楽天モバイルどちらがお得!?双方のメリット、デメリットについて

お得情報

先日docomoから発表された新料金プランahamo(アハモ)について、月間データ通信使用量20GB ・通話5分以内無料で月2970円(税込)という今までのdocomoのプランの中では破格の安さですよね。

携帯電話の料金プラン変更は貯蓄を増やす為に行う固定費削減の第一歩だと言われています。

私は最近同じような料金プランの楽天モバイルに切り替えたばかりだったのでこのニュースは衝撃でした。

そこで今回はahamo(アハモ)と楽天モバイルの双方のメリット、デメリットをまとめましたのでぜひご覧ください。

楽天モバイルのメリット・デメリットについて

ahamo(アハモ)と同じような料金プランで比較されやすい楽天モバイルについて、比較した際のメリットデメリットをまとめました。

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルUN-LIMIT Ⅵに申し込むと1年間使用料金無料(2021年4月7日までの申し込みに限る)

・3,278円(税込)でデータ通信量使い放題(楽天基地局範囲内の場合)

・2021年4月から利用したデータ通信量毎に金額が決まり、その月の利用量が0GB〜1GBまでだとなんと0円になる。詳しくはこちら

・通話料金無料(RakutenLinkアプリ使用時に限る)

・入会特典として楽天ポイントが付く(時期によって異なりますので詳しくは楽天モバイルの公式サイトをご覧ください)

・楽天市場での買い物で+ポイント1%が付与される

・携帯料金100円につき1ポイント楽天ポイントが貯まる

・料金の支払い時に楽天ポイントが使用可能

・実店舗での申し込みも可能(ahamoの場合は実店舗での申し込みは不可)

楽天モバイルのデメリット

・楽天の基地局範囲外の場所は未だに多く、その場合のデータ通信はau回線で5GBまでしか月々使用出来ない(追加使用料金500円/1GB)追加しない場合は1Mbpsの速度にる)

・1年無料期間終了後、楽天の電波がどこまでの範囲で安定的に使えているかは定かではない

・RakutenLinkアプリを使用せず通常の通話を使用した場合は通話料金が別途発生する

・iPhoneの場合、今楽天の電波を使用しているのか、au回線を使っているのかが分からない

楽天モバイルのメリット、デメリットをまとめての感想

今私が使用していて満足している点は契約後1年間料金無料という点です。
年間39336円(税込)得している事になりますからね。
ただ、これはお試し期間的な意味合いが大きいのだと思います。
2021年夏には人口カバー率96%を目指して今楽天の基地局は日に日に拡大をしていまが、今後パートナー回線がない状態で楽天の電波だけでデータ通信が安定的に出来るのかは未知です。
地下鉄に入ると速度が遅くなると感じますし、iPhoneの場合今パートナー回線なのか、楽天の回線を使用しているのかが明確に分からないのが使っていて不便に感じています。
(楽天モバイル対応の端末であればそのような事はないようです。)

ahamoのメリット・デメリットについて

続いてahamo(アハモ)のメリット、デメリットについてご紹介していきます。

ahamo(アハモ)のメリットについて

・docomoの回線を使用して月にデータ通信が20GB使用でき、月々2970円(税込)

・5分以内の通話料金無料、通話が多い方は+1000円でかけ放題にできる

・サービス開始日までに公式サイトにて先行エントリーを行えばdポイント3000ポイントが貰える※2021年5月31日までに申し込みを完了する必要があリます

・市場に出ているほとんどの機種が利用できる

・1000円につき10ポイントのDポイントが貯まる

ahamo(アハモ)は2021年3月1日に値下げを発表しました。
詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

ahamo(アハモ)のデメリットについて

・キャリアメール(docomo.ne.jp)が使用出来なくなる

・実店舗でのサポートは対象外となる(実店舗での申し込みは不可)

・コールセンターでのサポートが受けられず、何か聞きたいことがある場合はチャットでの相談となる

・山間部等で未だに存在する3Gが使用不可

・通話料金が5分以上になる場合は有料となる(別途1,100円のオプション料金を支払えばかけ放題にできる)

・申し込みは20歳以上(20歳未満は親権者の名前で申し込みが必要)

ahamo(アハモ)のメリット、デメリットをまとめての感想

今後スマホで対応機種がどんどん増える予定の5Gに期待している方であればdocomoのahamoの方が良いのではないかと思います。
楽天でも5Gに対応しているとはいえ、docomoに比べると通信の安定差が出ると思います。
高品質を求めるけどお得にプラン変更したい、少々面倒なMNP転出やSIMの入れ替え等の手続きは店舗に行かなくても1人で出来るという方であれば検討してみてはいかがでしょうか。
【※MNP転出について、キャンペーンが発表された当初は5月末まで必要と報道されていましたが、2020年12月18日に現docomoユーザーの場合はMNP転出手続きは不要になったと発表されました。
こちらの記事でも詳しくご紹介していますので気になる方は是非ご覧ください。】

楽天モバイルとahamo(アハモ)結局どっちがお得?

いかがでしたでしょうか。

まだ楽天モバイルとahamoで迷われている方も多いと思いますが、データ通信を多めに使う方や、楽天モバイルの基地局範囲外の地域にお住まいの方にとってはahamoの方が良いでしょう。

データ通信はそこそこ使う方、楽天モバイルの基地局範囲内に生活されている方は1年間無料の楽天モバイルを使用し、1年後楽天モバイルのデータ通信が安定していない状況であればahamoや他のキャリアのプランを検討してみても良いのではないでしょうか。(いつ解約しても無料ですので。)

楽天モバイルの情報について公式サイトをチェック

今後、携帯電話会社の価格競争が加熱して色んなプランが出てくると思います。

私たちからしたら、データがいっぱい使えて出来る限り安いというのが一番ですよね。

お得な情報は聞き流さずに察知していきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました