ahamo(アハモ)はよく考えると安くない?実は他社のプランの方がお得!?

携帯電話情報

2021年3月26日(金)にサービス開始予定のahamo(アハモ)ですが、データ通信量20GB使用でき、5分以内の通話は無料で月々2,700円(税抜)の価格のため当初は画期的な料金プランで話題になっています。

ただ、その後発表された各社のプランが後出しジャンケンのようにahamo(アハモ)に比べるとお得な条件、プランになっています。

※その後ahamo(アハモ)も値下げに踏み切りました。こちらの記事で詳しくご紹介しています。

ahamo(アハモ)はdocomoの別のプランと比べてもデメリットがあるのと、他社と比較しても特別に安くはないのでこの後詳しくご紹介していきます。

ahamo(アハモ)にする場合は把握しておきたいデメリット

ahamo(アハモ)にする場合、デメリットとして大きいのが店舗での契約、サポートが受けられず、コールセンターも使えず何かあった場合はチャットでのやり取りとなる点と、キャリアメール(docomo.ne.jp)が使用できなくなる点です。

お得な料金には訳があり、その分削られているものがあるということです。

ahamo(アハモ)は安くない?他社のプランの方がお得な理由

ahamo(アハモ)以外のソフトバンクのLINEMO(ラインモ)やauのpovo(ポヴォ)は月々2,480円ahamo(アハモ)よりも低い価格で発表されています。

その理由は5分以内の通話料金無料が含まれていないためです。

通話はLINEなどで済ませる方にとっては強制的に5分以内通話無料がついているahamo(アハモ)のプランは高いと思えてくるでしょう。

LINEMO(ラインモ)やpovo(ポヴォ)の場合も店頭でのサービスが受けられず、チャットのみでの対応となる点やキャリアメールが使えないのはahamo(アハモ)と変わらないのでご注意ください。

その他のキャリアのプランもお得な料金変更が…!

楽天モバイルや格安SIMの料金プランもお得な金額で発表されています。

楽天モバイルUN-LIMIT Ⅵについて

・0GB〜1GBまでの利用→無料

・1GB〜3GBまでの利用→980円

・3GB〜20GBまでの利用→1,980円

・20GB以上使い放題→2,980円

ほぼギガ数を消費しなければ無料なのは驚きですよね。
楽天モバイル契約後1年間無料の特典が受けられるのは残り僅かと言われているので、検討している方は早めの申し込みをオススメします。

UQモバイルのくりこしプランについて

・プランS(3GBまで)→1,480円

・プランM(15GBまで)→2,480円

・プランL(25GBまで)→3,480円

UQモバイルの特徴は余ったデータ容量を次の月にくりこせるという点です。

月によってデータ使用量が異なる方については合っているのではないでしょうか。

【UQモバイルの公式サイトをチェック】

楽天モバイルとUQモバイルについての詳細はこちらの記事でご紹介しています。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーについて

・1GBまで→980円(契約後半年間は400円)

・3GBまで→1,200円(契約後半年間は400円)

・6GBまで→1,700円(契約後半年間は950円)

上記の金額にエンタメフリーオプション(月々280円)を付けるとYouTubeなどが見放題でギガ数を消費せずに使用できます。

エンタメフリーオプションが付けられるのは3GB以上の契約時に限られます。

【BIGLOBEモバイルの公式サイトをチェック】

気になる方はこちらの記事でも詳しくご紹介していますのでご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ahamo(アハモ)が発表されてから携帯料金をお得にできないか今一度考えるようになった方も増えたかと思います。

実際はahamo(アハモ)以外にもお得な料金プランを発表しているキャリアも多いため、ぜひご自身に合うキャリアやプランを見つけてくださいね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました