ahamo(アハモ)に切り替える場合の事務手数料など初期費用はいくらかかる?

携帯電話情報

2021年3月からサービスが開始されたドコモの新料金プランahamo(アハモ)ですが、契約を検討している方も多いのではないでしょうか。

なんと言っても月のデータ通信量20GB使用でき、5分以内の通話は無料で月々2,970円(税込)は破格の安さですよね。

また、安心のドコモ回線を利用できるのでauのpovo(ポヴォ)やソフトバンクのLINEMO(ラインモ)と比較しても一番お得に利用できるプランと言えるのではないでしょうか。

今回はahamo(アハモ)に切り替える場合、実際のところ初期費用としていくらかかるのか?事務手数料とかかかるのでは?と気になる方に向けて費用についてお伝えしていきます。

ahamo(アハモ)に切り替える際の事務手数料はかからない?

まず、ahamo(アハモ)に切り替える際に、ドコモ側に支払う手数料等は一切ありません。

事務手数料や、番号変更の手数料もかからないのでご安心ください。

ただし、もともと別のキャリア(auやソフトバンクなど)で契約をしていてドコモのahamo(アハモ)に切り替える場合は、切り替え前のプラン(いわゆる2年縛りなど)や、機種購入の残債がある場合は手数料や残債の支払いが必要となる可能性がありますのでご注意ください。

ドコモの別のプランからの変更の場合は事務手数料等かからず初期費用は無料?

ドコモの別のプランからahamo(アハモ)に切り替える場合も事務手数料等はかからずに無料で変更できます。

もし機種代金を分割で支払っている最中の場合はahamo(アハモ)に切り替えた後も継続して支払いが可能です。

詳しくはこちらの記事でもご紹介していますのでご覧ください。

ahamo(アハモ)の月々にかかる費用は2,970円(税込)ではない?

細かい話ですがahamo(アハモ)は月額2,970円(税込)ではなく、ユニバーサルサービス料込で2.973円(税込)になります。

また、契約時に各種オプションを付けるかどうかを聞いてくるようになっているので、オプションを付ける場合は料金がもっとかかるようになります。

契約を検討している方はこちらの記事で詳しくご紹介していますので事前にご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ahamo(アハモ)に変更する際には事務手数料等は発生しませんが、他のキャリアから変更をする場合は契約状況によって料金がかかる場合がありますので事前に確認をオススメします。

ahamo(アハモ)の契約に関しては特別な初期費用はかかりませんのでご安心ください。

また、ahamo(アハモ)の契約がドコモショップ店頭でも行えるようになったのはご存知でしょうか?

こちらの記事で詳しくご紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました